チラシ作成はおまかせください!

あらゆるジャンルのチラシデザインが作成可能
あらゆるジャンルのチラシデザインが作成可能
当店では、個人、企業、または組織が集客や売り上げupを計画している方に、最適なデザイン制作と低価格で高画質な印刷を合わせたチラシ作成サービスを提供しています。

豊富なデザインの実績から思い描く近いイメージを探すことも可能
豊富なデザインの実績から思い描く近いイメージを探すことも可能

医療・士業・教育・美容の業界で実績多数の制作実績が豊富で、セミナーの告知や、病院の集客、生徒募集、または開業・開院の告知などを宣伝する際に、当店のサービスは効果を発揮します。

用途とサイズについて

当店が作成するチラシには、はがき、パンフレットやポスターのように、チラシとは異なった形式も作成することが可能です。
サイズは用途によりを決定します。
いくつかの例は以下のとおりです。

A版
A0,A1,A2(ポスターサイズ)
A4(一般的なチラシのサイズ)
A5(A4の約半分レターサイズ 手配りし易い)
A6(はがきサイズ 100*148mm ポスティング料金が安い)

B版
B0,B1,B2(ポスターサイズ)
B4(新聞折り込みでよく見かける大きいサイズ)
B5(A4のひとまわり小さいサイズ 新聞折り込みの際に単価が安い)
B6(128*182mm)

印刷が安い理由

これまでの「印刷は高価である」という認識は、近年のパソコンとインターネットが一般的に普及したことにより、生産システムが改善され、安価に印刷することが出来るようになりました。安いから品質が悪いというわけではなく、これまで高価だった印刷物が安く製造できるようになったということが、印刷が安くできる理由です。

チラシは時代遅れの広告なのか?

ターゲットを引き付けるデザインで効果を発揮
ターゲットを引き付けるデザインで効果を発揮

チラシという広告ツールは、江戸時代から引き札としてはじまり、世界でもFlyer (pamphlet)とも呼ばれ、古くから紙媒体の広告として活躍してきました。
しかしながら、インターネットの普及で広告も様変わりし、中には、「チラシは時代遅れの広告」と考えている方もいらっしゃいます。

本当にチラシは時代遅れなのでしょうか?

答えはNoです。

広告には、配布するターゲットや場所で最適なツールです。

配布・設置・掲示というポイントにおいてチラシは依然、その効果を発揮することが出来ますし、コストも安く費用対効果の大きい広告なのです。

このチラシというシングルページのリーフレットは、江戸時代に三井越後屋がはじめて配布した引き札を皮切りに、これまで様々な研究がなされ、集客のための広告媒体として現在も広く、マスコミュニケーションとして活用されています。

チラシを活用するための基本知識

大量に配布することが基本のコミュニケーション方法でありますが、状況に応じては小部数でも効果を発揮することがあります。集客の目的や配布する対象にあわせて、最適な印刷部数を決定して配布することが上手にコミュニケーションする秘訣です

ターゲットとのコミュニケーションツール

コミュニケーションとは社会生活を営む人間の間で行われる知覚・感情・思考の伝達です。
私たちはチラシをコミュニケーションツールと考え、PRしたい相手(ターゲット)にイベントのイメージや、商品の良さを、良いと感じて貰えるようなデザインを作成しています。

コミュニケーションする方法

チラシを活用してコミュニケーションする方法は以下のような手段があります。

配布
人通りが多い場所やターゲット層が集まる場所での配布が基本です

掲示
人(ターゲット層)が立ち止っている時間が多い場所への掲示が基本です

設置
人(ターゲット層)の多く集まる場所への設置

  • 関連する業種の店先