訪問リハビリマッサージのサービス案内用集客チラシ

訪問リハビリマッサージのサービス案内用集客チラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

訪問リハビリマッサージのサービス案内用集客チラシ

訪問リハビリマッサージのサービス案内用集客チラシ

チラシ掲載内容

「訪問リハビリを受けたいが介護保険の枠がない…」
「実費のマッサージは高額で続けられない…」
「整形外科や接骨院へ一人では行けない…」

訪問リハビリマッサージ
医療保険が適用可能

肩こり
膝の痛み
腰痛
まひ・しびれ

国家資格所持のマッサージ師がご自宅までお伺いし
リハビリマッサージをさせていただきます
初めての方は…無料体験にて当院のマッサージをお試しください!

◆ご利用までのながれ
まずはお気軽にお電話にてご連絡ください。
その後、ご自宅に訪問し詳しい説明をさせて頂きます。

かかりつけの先生に同意書の交付依頼を行います。
手続き等はスタッフが代行します。

同意書・保険証が揃えば日程を調整しご自宅でマッサージを受けていただきます。
◆リハビリマッサージについてのご質問やご不明な点など分かりやすくご説明いたしますのでお気軽にご相談ください

【求む!!】
◆送迎ドライバー
◆営 業
高齢者の方歓迎

訪問リハビリマッサージのチラシデザインについて

訪問リハビリマッサージというのは、接骨院や整形外科などへ一人で通えない方や、医療保険を使ってリハビリマッサージを受けたいという方に利用していただくサービスです。

非常に便利なサービスですが、まだまだ訪問リハビリマッサージのサービスについてご存じでない方も多いかと思います。

そういった方に、訪問リハビリマッサージのサービスがあることを知っていただき、利用促進を広めるために欠かせないのがチラシです。
チラシは、スマホやパソコンなどインターネットを使用されない方にも積極的に情報を伝えることができます。

当店では、今まで訪問リハビリマッサージを受けたことがない方にも気軽に利用していただけるように、明るい色使いとイラストを多く取り入れた親しみのもてるデザインを構成しております。

訪問リハビリマッサージのチラシをご検討の際は、ぜひ当店にご相談ください。

以下、訪問リハビリマッサージのチラシについて、デザイン作成のポイントをお伝えいたします。

『訪問型のマッサージ』であることが一目でわかるタイトルデザイン

訪問リハビリマッサージのチラシでの、一番の訴求ポイントは『訪問のマッサージサービスである』という点です。

そのため、チラシタイトルである『訪問リハビリマッサージ』の文字は、『訪問』の文字をチラシの中で一番大きくすると共に、模様のテクスチャを重ねて目立たせました。

紙面を見てパッと目につきますので、チラシを見た人は『訪問のリハビリマッサージ関するチラシなんだな』ということをすぐに理解できますし、訪問リハビリマッサージのサービスを必要としているターゲットへの訴求率をグッと上げることができると言えます。

見やすくわかりやすいチラシを作成するためには、『何の情報について書かれたチラシであるか』ということが一目でわかるといった要素が重要です。

ターゲットが抱える具体的悩みをイラスト付で紹介して共感や興味を得る

人は、自分に関係する情報や、関心のある情報に、共感や興味を持ちます。
そのため、チラシの内容に興味や関心を持っていただくには、ターゲットとなる方の共感や興味を引く必要がございます。

今回は、チラシの上部の目につく場所には、『整形外科や接骨院へ一人では行けない』『実費のマッサージは高額で続けられない』『介護保険の枠がない』といといったターゲットが抱える具体的な悩みを挙げました。

イラストを加えることでアイキャッチ力が強まり、読み手の注意・注目を引く効果も高くなります。

また、【一人】【高額】【介護保険枠】といった大事なキーワードとなる箇所は、文字を大きくし、誘引性の強い赤色にして目立つようにデザインしております。

訪問リハビリマッサージの利用に繋がる『無料体験』をアピール!

人は、自分が知らない物やことに恐れを抱きます。
そのため、未体験・未経験のことは、なんとなく敬遠してしまうものです。

たとえば、チラシを見て「訪問リハビリマッサージを受けてみようかなぁ」と思ってみても、「実際マッサージを施術してもらって、あまり良くなかったらどうしよう」「どんな人がマッサージをしに来てくれるのかな」といった不安や心配をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

そこでオススメなのが無料体験です。

無料体験なら、お試し感覚で気軽に「一度問い合せしてみようかな」という気持ちになっていただけますよね。

チラシに載せる場合には、無料体験を実施していることがすぐにわかるよう、『無料体験』の文字を大きくアピールして訴求力を高めましょう。

公開日: