クリニックの新規開院に伴う内覧会の案内チラシを作成しました

クリニックの新規開院に伴う内覧会の案内チラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

整形外科の新規開院に伴う内覧会の案内チラシ

整形外科の新規開院に伴う内覧会の案内チラシ

掲載内容

整形外科
9/13(水)開院

・整形外科
・リハビリステーション科
・リウマチ科

【内覧会開催】
9/9(土)・10(日)
9:00 ~ 15:00
個別無料健康相談
■ 関節痛(膝・腰)
■ 肩こり・しびれ・頭痛
■ 骨折・打撲・捻挫
■ 足のむくみ
■ 骨粗しょう症

内覧会で9月の初診予約をお受けします
施設見学もできますので、お気軽におこしください

先着300名様に
記念品をご用意しています

「広いリハビリスペース」
「ウォーターベッド導入ウォーターベッド導入」

◆院長あいさつ
この度、整形外科・リハビリ科・リウマチ科を開業させていただくことになりました。腰痛・膝痛・肩痛などの皆様が日頃お困りのことを中心にさまざまな痛みを和らげ、日常生活が楽しく過ごせるように尽力します。リハビリに関しては理学療法士を中心に運動療法を積極的に取り入れていきたいと思っております。地域の皆様が居心地よく、また来てもいいなと思えるクリニックにスタッフ一同、全力で作っていきたいと考えております。どんな些細なこともお気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願い致します。

【診療時間】
8:30 ~ 13:00
15:00 ~ 18:00
水・土午後、日祝休み

駐輪場10台完備

クリニックの新規開院チラシデザインについて

クリニック・医院・診療所などを個人で開業される際や、施設が小規模な場合、重要となるのが開院の告知です。

特に、通院圏内の地域にお住いの方々に周知を広めるため、開院チラシを新聞折り込みで撒く、ポスティングで配る、地域の掲示板にポスターを貼る、回覧板に挟み込んでもらうなどして積極的に広告しましょう。

また、開院の際に内覧会を実施するのも効果的です。

どんな人でも、初めての病院には入りにくいものですが、内覧会で地域の方との交流の場を持つことでそういった不安を解消することができますし、事前に親睦を深めることで患者さんとして通院していただけるようになるチャンスも増えます。

今回は、内覧会の案内を兼ねた整形外科の新規開院チラシを作成しましたので、ご参考ください。

開院日情報はチラシの上部に配置し、円で囲んで目立たせる

新規開院を知らせるための告知チラシは、『いつ開院するのか』という情報が重要です。
そのため、開院日の情報は目につきやすいチラシの上部に配置し、円で囲んで目立たせました。

その際、円は立体感を感じるオレンジ色のグラデーション、文字は白色で配色しました。
オレンジ色は、人の目を引く力(誘目性)が高いので、情報を目立たせたい時に用いると効果的です。

また、『2017年 9/13 (水) 開院』の文字は、優先順位をつけるために大きさに差をつけております。
一番大きな『9/13』の文字が、一番優先度の高い情報となります。

情報の優先順位を考慮して文字の大きさや色をデザインすることで、『何が言いたいのか』『どこを強調させたいのか』ということを読み手にわかりやすく訴求することができます。

内覧会の案内は別枠で囲んでカテゴリの違いをはっきりさせる

内覧会の案内は、右サイドに配置し、別枠で囲んでカテゴリの違いをはっきりさせました。
カテゴリの違いを明確に表現することで、『あ、ここは内覧会のお知らせだな』ということを一目でわかりやすく理解することができます。

また、【内覧会開催】の見出しの両サイドには緑のイラストを加えてデザインのアクセントにしました。
イラストは、アイキャッチといって目線誘導の効果が高いうえ、見た目のデザイン性も高まります。

全体の出来栄えもグッとよくなりますので、当店では要所要所効果的に使用しております。

当店では多数のイラストを所有しておりますので、『患者さんをイメージしたイラストを入れてほしい』『小児科のチラシなので子供のイラストを載せて欲しい』といったご要望がございましたら、お気軽にお申し付けください。

『整形外科』『リハビリ科』『リウマチ科』といったクリニックの専門性は大きくアピール

患者さんは、ご自身の症状に合った科を受診されます。
そのため、宣伝・広告をする際には「何科を標榜しているか」ということをわかりやすく伝える必要がございます。

特に、リハビリステーション科やリウマチ科など、専門性の高い科目があれば積極的にアピールしましょう。

今回は、医院名のすぐ下の目立つ場所に、『整形外科』『リハビリテーション科』『リウマチ科』の診療科を配置しました。
濃い茶色と白色はコントラストも強いため、非常良く目立ちますし、視認性・可読性ともに優れています。

また、診療科は等間隔に並べると共に、3つをひとつの塊りとして捉えた時には紙面の中心に位置するようにレイアウトすることで、整然とスッキリ見せることができます。