訪問リハビリマッサージのサービスをわかりやすく伝えるチラシ

訪問リハビリマッサージのサービスをわかりやすく伝える集客チラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

訪問リハビリマッサージのチラシ

訪問リハビリマッサージのチラシ

チラシ掲載情報

「整形外科や接骨院へ一人では行けない・・・」
「訪問リハビリを受けたいが介護保険の枠がない・・・」
「実費のマッサージは高額で続けられない・・・」
…といったお悩みをお持ちの方へ

訪問リハビリマッサージ
医療保険適用可能

■歩行が困難な方
■しびれやまひのある方
■腰痛
■膝の痛み

国家資格所持のマッサージ師がご自宅や施設へお伺いしリハビリマッサージをさせていただきます

一割負担の方の場合、費用は一回あたり300円~
施術時間は20分~30分です

まずはお気軽にお電話にてご連絡ください。
その後、ご自宅・施設に訪問し詳しい説明をさせて頂きます。

かかりつけの先生に同意書の交付依頼を行います。
その他、手続きに必要な書類は当院でご用意します。

同意書・保険証が揃えば、日程を調整し、ご自宅・施設にてリハビリマッサージを受けていただきます。

【訪問範囲】
岐阜市全域
山県市・瑞穂市・本巣市・岐南町・北方町の一部
※詳しくはお電話にてご確認ください

はり・灸・指圧
不安な事やご不明な点はお気軽にご相談ください
受付時間 9:00~20:00
定休日 日曜日・祝日

まずは・・・無料体験でお試しください!
岐阜市保険外はり・きゅう・マッサージ等受療補助券取り扱い

訪問リハビリマッサージのチラシデザインについて

訪問リハビリマッサージというのは、病院や治療院へ一人で通えない人、介護保険の枠がない人などに利用していただくサービスです。
医療保険も適用可能なため、非常に便利なサービスですが、まだまだ訪問リハビリマッサージのサービスについてご存じでない方も多いかと思います。

そういった方に、訪問リハビリマッサージのサービスがあることを知っていただき、利用促進を広めるために欠かせないのがチラシです。
チラシは、スマホやパソコンなどインターネットを使用されない方にも積極的に情報を伝えることができます。

また、新聞折込やポスティングなどの場合は、チラシを配布する範囲も決めることができますのでより効果的です。

当店では、今まで訪問鍼灸を利用したことがない方にも気軽に問い合わせをしていただけるよう、明るい色使いと可愛いイラストで親しみやすさを感じさせ、『良さそうだからちょっと行ってみようかな』という気持ちを喚起できるようデザインを構成しております。

訪問リハビリマッサージのチラシをご検討の際は、ぜひ当店にご相談ください。

以下、訪問リハビリマッサージのチラシについて、デザイン作成のポイントをお伝えいたします。

サービスの特徴である『訪問』の文字を特に大きくして目立たせる

訪問リハビリマッサージの売りは、なんといっても自宅や施設に施術者が来てくれることです。

そのため、『訪問リハビリマッサージ』のタイトルにある『訪問』の文字は特に大きくして目立たせました。
サービスの特徴である『訪問』であることが一目でわかりますし、文字を大きく配置することで読者の目を引くポイントとなります。

文字のデザインは、縁取りと影をつけることで立体感を出し、オレンジ色で配色しました。
オレンジ色は、親しみや優しさをイメージさせる色です。

マッサージの施術は、人と人との触れ合いです。
そのため、親しみが感じられ、ポジティブなイメージを持てるデザインであることがポイントとなります。

『高額』『介護保険枠』といった重要なキーワードは赤色のアクセントカラーで強調

訪問リハビリマッサージの主なターゲットは通院が困難な年配の方です。
『整形外科や接骨院へ一人で行けない』『介護保険の枠がない』『実費マッサージは高額』といった多くの方が抱えているであろう具体的悩みを挙げて、ターゲットの共感や関心を誘いました。

人は、自分に関係のある情報に対して共感や関心を持ちます。
チラシを手に取って内容を見ていただくには、この共感や関心といったポイントが重要になります。

その際、『一人』『介護保険の枠』『高額』といった重要なキーワードは、赤色のアクセントカラーで強調して訴求力を高めました。
訴求力が高まることで、キーワードをより読者の心に強く印象づけることができます。

症状別イラストは、ひとつひとつを丸で囲んで目を引くポイントに

「どういった方が訪問リハビリマッサージを利用すれば良いか」ということをわかりやすく紹介するため、「歩行が困難な方」「しびれやまひのある方」「腰痛」「ひざの痛み」といった具体的な症例を挙げ、イメージイラストをプラスしました。

イラストを使用することでわかりやすさがグッと向上します。
さらには、堅苦しさが緩和され、読み手に親しみやすい印象を与えることができます。
また、人目を引くためのアイキャッチとしても機能しますので、見てほしい箇所にイラストを使うと非常に効果的です。

また今回は、目を引くポイントとして、症状別イラストをひとつひとつを黄色い丸で囲みました。
カテゴリの境界もはっきりしますので、すっきりと見やすく情報を整理することができます。

公開日: