マッサージ・手もみ屋の新メニューチラシデザインと印刷

福井県坂井市と越前市にあるリラクゼーションスポット【手もみ屋 ほっと】の肩甲骨ストレッチメニューに関するチラシです。
アリキヌでは、チラシデザインから印刷まで対応させていただきました。

お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りください。

【手もみ屋 ほっと】
◆アミ店
坂井市春江町随応寺16-11

◆シビィ店
越前市新町7-8

リラクゼーションサロンのチラシデザイン
リラクゼーションサロンのチラシデザイン

コミュニケーションしたい内容

手もみ屋ほっとの新メニューについてご案内いたします。

新メニュー

肩甲骨ストレッチメニュースタート

30分 2,980円

店舗紹介

リラクゼーションスポット
手もみ屋ほっと

■アミ店
坂井市春江町随応寺 16-11
(アルプラザアミ 1F)

■シピィ店
越前市新町 7-8
(ショッピングセンターシピィ 2F)

デザインのポイント

新メニューの案内は、A6サイズの大きさの広告物です。
A6サイズは、105 × 148mmです。
分かり易く言うと、ハガキよりやや大きめの文庫本サイズとなります。

ちなみに、皆さんご存知の通り紙のサイズはA判とB判があります。
A版とは、ドイツの規格が国際標準化・国際規格(ISO 216)とされたものです。
今回使用したのは、このA版規格となります。

ポイントは、レイアウトです。
レイアウトとは、写真・文章・図形などをどのように配置するかということです。

左半分は文字・右半分はイメージ写真です。
まずは、文字をグループ化します。
・メニュー内容
・料金
・店舗情報
グループごとに文字の色が異なるので分かり易いかと思います。
グループ化したら、どのグループを大見出しや見出しにするか…といった役割を決めます。
大事な情報であるメニューと料金は目立つ様に、店舗情報は控え目にレイアウトします。

あとは、見た目を整えるために規則性を持たせます。
規則性とは一定のルールやパターンのことです。
そのために、グリッドとよばれる枠組みを用います。

枠組みを用いたことにより、メニュー・料金・店舗情報が定規をあてた様に左揃えで並ぶというルールが出来て、見やすくなりました。

文章・写真・図形など情報量が多い時ほど、この枠組みが非常に重要となってきます。
あちこちに写真や図形が混在していても、グリッド化することによりスッキリ見やすくさせることが可能です。

しかし、動きや躍動感・賑やかで楽しい感じにしたい時は枠組みを使用しない自由なデザインもあります。
ただバランスを取るのが非常に難しいので、自由な中にも規則性や秩序を持たせるといった注意が必要となります。