整骨院の院内に掲示する交通事故患者の集客ポスター

整骨院の院内に掲示する交通事故患者の集客ポスターを作成しました。
アリキヌでは、ポスターデザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

交通事故無料相談に関する院内ポスター
交通事故無料相談に関する院内ポスター

ポスター掲載内容

【相談無料】
交通事故のお悩みご相談下さい
どんな小さなお悩みでもご相談いただけます

■整骨院 身体のサポート
自賠責保険の場合
自己負担金0円
むち打ち専門プログラム

■弁護士 賠償のサポート
法律の専門家が
示談に至るまで全面サポート

・夜9時まで対応可
・女性の専門家も在籍しております

【相談無料】
お気軽にご相談ください
整骨院

交通事故相談に関する院内ポスターデザイン

今回は、整骨院の院内に掲示する交通事故患者の集客ポスターを作成しました。

整骨院で交通事故の治療を受けられることは、一般的にあまり知られていません。

そのため、交通事故患者さんを集客するためには、『整骨院で交通事故相談や交通事故治療を受けられる』ということを普段から知っていただくことが大切です。

場所を絞って多くの人に情報を広める方法として、ポスターは非常に効果的です。
待合室など、整骨院へ治療に来られた患者さんが自然と目につくような目立つ場所に掲示して周知を広めましょう。

以下、交通事故相談に関する院内ポスターについて、デザインのポイントをお伝えいたします。

一番訴求したい『交通事故』の文字は遠くからでも目立つように太く大きく!

ポスターは、チラシやパンフレットのように近くで見る・読むものではございません。
そのため、ある程度離れた場所からでも何について書いているポスターかということが分からなければいけません。
『ポスターは掲示してあるけど、近くで見ないと何のポスターかよくわからない』では意味がございません。

そのため、一番訴求したい『交通事故』の文字は遠くからでも目につくようにに太く大きくしました。
書体は、力強くてよく目立つゴシック体を使用しております。

また、背景の青緑と文字のオレンジ色は、コントラストが強いため、よく目立ちます。

あとに続く『お悩みご相談下さい』の文字は、『交通事故』を目立たせるため、あえて背景と同じ青緑色で配色しております。

『整骨院』と『弁護士』の情報は背景を赤と青で色分けしてカテゴリの違いを表現

情報をわかりやすく伝えるためには、要素をグループごとにわけて整理する必要がございます。

今回は、整骨院に関する情報は赤色、弁護士に関する情報は青色で配色して、カテゴリの違いをわかりやすく表現しました。

一般的に、色の違いは種類の違いというふうに認識されます。
そのため、色を変えることでカテゴリの違いを視覚的にわかりやすく理解することができます。

カテゴリの違いを明確にするには、色を変えるほか、枠をつける、線を引く、書体を変えるなど、様々な方法がございます。
全体のバランスやスペースに合った方法を用いると良いでしょう。

人物などのイメージ写真を大きくレイアウトしてアイキャッチにする

写真は、人目につきやすいアイキャッチ効果の高い要素です。
特に、人物写真(人の顔)は、目にとまりやすい性質がございますので、イラストや文字のみを使用したデザインよりも、パッと人の注意を掴み取ることが可能です。

ポスターは見てもらってナンボです。
そのためには、無意識に目に留まるという要素が必要不可欠といえるでしょう。

また、今回のよに対になる場合は、人物の顔や視線が内側へ向くように配置します。
互いが外を向いていたり、バラバラな方向を向いているとちぐはぐな印象を与えてしまします。

そのため、人の顔を並べる時は、顔や視線の向きに注意してレイアウトすることが大切です。