相続・遺言や借金問題に関するタペストリーを作成しました

司法書士法人・行政書士法人合同事務所の相続・遺言や借金問題に関するタペストリーを作成しました
アリキヌでは、タペストリーデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

相続・遺言や借金問題に関するタペストリー
相続・遺言や借金問題に関するタペストリー

相続・遺言や借金問題に関するタペストリー
相続・遺言や借金問題に関するタペストリー

掲載内容の紹介

【相続・遺言】
相続と遺言をプロのノウハウでサポートします。
「さようなら」を「ありがとう」で迎えるために

無料相談受付中
まずはお電話下さい

ラジオ番組好評放送中!
司法書士法人・行政書士法人合同事務所

【借金問題】
あなたの借金問題一人で悩まずにご相談下さい。
この一本の電話から明るい未来へ

無料相談受付中
まずはお電話下さい

相続・遺言や借金問題に関するタペストリーデザイン

◆タペストリーとは

タペストリー(英語: tapestry)は、壁掛けなどに使われる室内装飾用の織物の一種。

Wikipedia-タペストリー

今では、化学繊維で出来た生地にインクジェットプリンターで印刷したものも、タペストリーといいます。

紙で出来たポスターよりも強度があり、長持ちするといったメリットがございます。
また、インテリア的な要素もあるため、見る人の注目を集めやすいのが特徴です。

今回は、 タテ1030mm×ヨコ728mmの縦型B1サイズで作成いたしました。
以下、タペストリーデザインのポイントをご紹介いたします。

『相続・遺言』『借金問題』の読ませたいワードを目立たせる

今回は相続や借金に関するタペストリーですので、『相続・遺言』『借金問題』といった読ませたいワードを目立たせました。

文字の背景に使用した赤色には、注意を促す効果がありますので、人は無意識的に赤色に注目してしまいます。
さらに、赤色と白色の組み合わせは人の目を引く誘目性の高い配色ですので、よく目立ちます。

タペストリーはチラシのように間近で目にしないので、遠くからでも目立ち、何に関する情報が載っているのかわかりやすいように作成することがポイントです。

人物写真が向いている視線の先に訴求したいキーワードを配置する

人の顔写真というのはそれだけで目を引きやすい要素ですが、顔の向きや視線に方向性や動きがあれば、より注目を集めることができます。

さらに、読み手の視線は被写体が向いている方向へ移りやすいといった特性がございます。

その特性を利用し、人物写真が向いている視線の先に『相続と遺言をプロのノウハウでサポートします。』『この一本の電話から明るい未来へ』といった問い合わせの後押しに繋がるようなキーワードを配置して訴求力を強めました。

動きや方向性を持つ写真を上手く利用すれば、見た目の印象をコントロールすることができます。

無料相談受付中には吹き出しの飾りパーツをつけて電話へと誘導

タペストリーの最終目的は、お客様からお問い合わせをいただくことですので、問い合わせ手段である電話番号へと誘導するため、『無料相談受付中』には吹き出しの飾りパーツを加えました。

矢印や吹き出しなどを飾りパーツといいます。
デザインのアクセントとなる飾りパーツは、アピールしたい箇所や、注目を集めたい部分に使用すると効果的です。