社会保険労務士の労務管理に関する書籍の宣伝チラシ

社会保険労務士の労務管理に関する書籍の宣伝チラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシデザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、ぜひ書店やインターネットにてお買い求めください。

社会保険労務士の労務管理に関する書籍の宣伝チラシ
社会保険労務士の労務管理に関する書籍の宣伝チラシ

広告したい内容

会社を劇的に変える!
『残業をゼロにする労務管理』

◆紀伊國屋書店 新宿本店
・単行本総合ランキング3位
・ビジネス法律書部門1位
平成25年5月26日~6月1日の週間ランキング

◆Amazonジャンル別1位八冠
1.人事・労務管理部門1位 (H25.6/2(日)3:30ほか)
2.労働法部門1位 (H25.6/2(日)3:30ほか)
3.労働部門1位 (H25.6/3(月)19:30ほか)
4.会社経営部門1位 (H25.6/5(水)9:30ほか)
5.総務・人事・労務管理部門(※1)1位 (H25.6/5(水)9:30ほか)
6.ビジネスの法律部門(※2)1位 (H25.6/3(月)20:30ほか)
7.経営管理部門(※3)1位 (H25.6/5(水)9:30ほか)
8.法律部門(※4)1位 (H25.6/5(水)9:30ほか)
※1:人事・労務管理と労働の上位カテゴリ
※2:労働法の上位カテゴリ
※3:総務・人事・労務管理のそのさらに上のカテゴリ
※4:ビジネスの法律のそのさらに上のカテゴリ

全国の主要書店、アマゾン等ネットにて好評発売中!!

■‘残業代削減’ではなく「残業ゼロ」活動!!
従業員にばかり痛みを負わせ、グレーゾーンに位置する方法も多い‘残業代削減’ではなく、リスクゼロで「残業ゼロ」でもこれまで以上の成果をあげる組織づくりを可能にします。「望月式残業ゼロ」活動のノウハウを公開。

■最短6カ月で、「残業ゼロ」でもこれまで以上の成果をあげる最強組織になれます!!
6カ月程度の「望月式残業ゼロ」活動を通じて、組織と従業員に常に「時間」を意識した業務遂行を習慣づけます。好業績が出せる標準化された業務の仕組みを手に入れてください。「残業ゼロ」でも、これまで以上の成果をあげる最強組織に生まれ変わることが可能。

■お客様満足度もアップし、従業員にもより高賃金を支払えるようになれます
成果を上げるための組織開発と人材育成をしていきます。従業員は無駄のない動きを心がけて常にお客様に目がいくようになり、お客様満足度がアップ。これまで以上の成果をあげる組織づくりで、従業員にこれまで以上の魅力的な賃金を支払うことも可能になります。

■重要な就業規則や日々の労務管理上のポイントについても詳しく解説
著者は、200社を超える就業規則の豊富な構築・改定実績があります。「残業ゼロ」にする上での就業規則、賃金、人事制度、労務管理上の重要ポイントについても詳細に解説。

【著者】
特定社会保険労務士、残業ゼロ将軍。中央大学文学部卒業後、外資系戦略コンサルティング会社の組織開発コンサルタントを経て、アイエヌジー生命保険株式会社に入社。同社では人事部に所属し、人事制度担当プロジェクトマネージャーなどを歴任。平成15年に社会保険労務士試験に合格。平成22年に望月建吾社会保険労務士事務所を開業。上場企業から中小企業まで幅広い業種・規模の顧問先を持ち、これまで100社余りの「残業ゼロ」活動支援、ならびに200社余りの就業規則改定支援を手掛ける。
実務の傍ら、全国の商工会議所・商工会などでの講演活動や、雑誌・新聞への記事執筆なども手掛ける。著書として、「会社を劇的に変える!残業をゼロにする労務管理」(日本法令)があり、同書はアマゾンでジャンル別1位を八冠、紀伊國屋書店新宿本店の総合ランキング3位・ビジネス法律書ランキングでは1位を獲得するなどベストセラーとなっている。

書籍の宣伝広告チラシデザイン

今回は、社会保険労務士の方が執筆された、労務管理に関する書籍の宣伝チラシを作成しました。

チラシのタイトルでもある『残業をゼロにする労務管理』のテキストは、本のタイトルとデザインを揃えて訴求力を持たせました。
“残業”・“ゼロ”・“労務管理”といった強調したい文字を大きくしてメリハリをつけることもポイントです。

以下、書籍の宣伝広告のチラシデザインについて、作成時に気をつけた点をご紹介いたします。

宣伝したい書籍の画像はジャンプ率を上げて目立つ位置に大きく掲載する

ジャンプ率とは、画像や文字の大小の比率のことを指します。

今回のチラシは書籍の宣伝ですので、著者の写真よりも本の画像の方が優先順位が高くなります。
そのため、書籍の画像はジャンプ率を上げて目立つ位置に大きく掲載いたしました。

人は小さなモノより大きなモノに注目しやすい傾向がございます。
優先順位の高い情報を大きく掲載することで、読み手の視線を意図的に誘導できるといった効果が期待できます。

また、大小の差を大きくすることでデザインにメリハリ(強弱)や躍動感が出ますので、読み手の興味を引き付けられるといったメリットもございます。

『1位』や『3位』の売上実績には飾りパーツを使用して強調させる

『1位』や『3位』といった売上実績の背景には、バクダングラフィックの飾りパーツを使用して強調させました。

飾りパーツは、デザインのアクセントとして、人の注目を集めるアイキャッチ効果の高い要素です。
バクダン以外にも、矢印や吹き出しなど様々な飾りパーツがございます。
目立たせたい箇所や、重要な箇所を強調する際にポイントで使用すると効果的です。

ただ、飾りパーツは使い過ぎてしまうと、どこか強調したい箇所なのかが曖昧になってしまいますので、使用箇所を吟味して使うことが大切です。

ビジネスマンのイラストを添えて労務管理に関するイメージを訴求

『会社を劇的に変える労務管理に関する本ですよ』というイメージをわかりやすく伝えるため、『労務管理』のタイトル文字背景には、ビジネスマンのイラストを添えました。

テキストの内容に合ったイメージイラストを添えることで、テキストとビジュアルの両面からアピールし、訴求力を高めております。

チラシは、約3秒で『見る・見ない』の判断を下されるといわれています。
そのため、タイトル・ヘッダー部分でどんなセミナーなのかが伝わるということは大切なポイントです。