コーチングセミナーの集客チラシを作成しました

コーチングセミナーの集客チラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

コーチングセミナーの集客チラシ
コーチングセミナーの集客チラシ

チラシ掲載内容

あなたの夢、ゴールを確実に叶えるコーチング

仕事・金銭・人間関係・自由

~あなたは今の自分に心から満足していますか?~
苫米地式コーチングはコーチがクライアントの「脳と心」を書き換えることで、圧倒的短時間で成功者のマインドを身につけることができます。
人生のすべてが自分のやりたいことに変わり、自然と成功していく脳の使い方をあなたにインストールします。

現状の外側のゴールを知り、本当にやりたいことを見つけるには高い抽象度で思考することが必要です。
私のコーチングでは受講生が真に自由な思考を手に入れるために、教育に力を注いでいることも特徴です。
毎月開催される内部表現書き換えのスクールに加えて、動画教材を用意して最高の学びの場を作り上げています。

コーチングセミナーのチラシデザインについて

コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の一つ。対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。

Wikipedia-コーチング(coaching)

今回は、ビジネスマンをターゲットとしたコーチングセミナーのチラシを作成しました。

コーチングというのは、相談者(クライアント)のプライベートな部分に深く関わる仕事です。
そのため、清潔感や信頼・誠実さをイメージする白を基調とした、スタイリッシュなデザインに仕上げました。

以下、コーチングセミナーのチラシについて、デザインの詳しいポイントをお伝えいたします。

キャッチコピーを縦にレイアウトしてデザインのアクセントにする

『あなたの夢、ゴールを確実に叶えるコーチング』のキャッチコピーは、縦にレイアウトしてデザインのアクセントにしました。

チラシは、大体が横書きですが、必ずしも横書きでないといけないという決まりはございません。

意図的に縦書きにしたり、今回のように一部強調したい箇所を縦書きにしてレイアウトに変化をつけ、デザインのアクセントにするといった方法もございます。
一部のみが縦書きになっていると、人の視線は自然とイレギュラーな箇所に目がいってしまいます。

デザインに変化も生まれますし、キャッチコピーで読み手の目を引き付けた後、そのままチラシの内容に目を通してもらおうというのが狙いです。
キャッチコピー自体も、紙面で一番大きな文字にしてメリハリをしっかりとつけて目立たせました。

そして、背景には上昇矢印の画像を重ね、『あなたの夢、ゴールを確実に叶える』というポジティブなイメージへ繋がるよう誘導しております。

『仕事・金銭』などの共感を呼ぶコーチングテーマは相関図にして強調

今回は、コーチングの具体的な取り扱いテーマとして『仕事・金銭・人間関係・自由』を取り上げました。
この『仕事・金銭・人間関係・自由』というのは、クライアント様の多くが抱える問題・目標です。

クライアント様に限らず、大抵の人の悩みというのは仕事やお金・人間関係に関することです。
逆を言えば、それが共感ポイントとなるのです。

チラシに興味や関心を持っていただくためには、読み手の共感を呼ぶことがポイントでもあります。

『仕事・金銭・人間関係・自由』といったコーチングテーマは、背景にボタンデザインパーツを組み合わせて相関図で表現しました。
文字を単に並べるよりもよく目立ちますし、強調することで読み手の注意や関心を引き付けることができます。

また、ボタンの中心部には、クライアントをイメージしたビジネスマンのイラストを配置して、相談者自身を投影してしまうように構成しております。
自身を投影することで、より『自分に関係している』といった共感を持っていただけるような構成となっております。

人目にとまりやすい人物写真は切り抜きにして紙面に大きく配置

写真やイラストというのは、人の目をひきつけるアイキャッチとしての効果がたかい要素です。
中でも、人物写真は特に目をひきます。

そのため、人目にとまりやすい人物写真は、被写体を切り抜いて紙面に大きく配置しました。
これだけでもチラシを見た人の目をグッと引きやすくなります。

また、写真は輪郭に沿って切り抜くことでより被写体が強調されます。
そして、その分注目度もアップいたします。
四角に切り取るよりも紙面に動きが出ますので、デザインに躍動感や面白味がプラスされるといったメリットがございます。