水銀灯型LED照明の取り付け工事に関するチラシ

水銀灯型LED照明の取り付け工事に関するチラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

LED照明の取り付け工事に関するチラシ
LED照明の取り付け工事に関するチラシ

掲載内容

工場・倉庫の電気代を削減!
電気工事のスペシャリストが水銀灯型LED照明で節電のご提案と施工を致します

LED照明に交換すれば、2つの削減ができます

1.消費電力が低く電気代の削減
2.工場や倉庫などの高天井の場合、長寿命による交換費用の削減

■水銀灯型LEDに交換するメリット
【瞬時に点灯】
工場や倉庫などで多く使われている水銀灯をLEDに変えれば、瞬時に点灯し快適
即時点灯効果によって、こまめなON・OFFで運用する
ことにより、点灯時間を大幅に短縮

【長寿命】
10年以上(40,000時間)使用できる

ほぼ交換の必要がなくなるため、高所には最適
交換の費用も削減

【省エネルギー】
消費電力量の削減・CO2の削減

【低発熱】
LEDは発光の際、発熱面の発熱が少ない

熱の問題で設置できなかった場所にも設置が可能

【赤外線、紫外線フリー】
虫が寄りにくい

食料品や化粧品などを取り扱う工場や倉庫に最適の照明
食料品などの新鮮さを保つのにも効果大

【耐衝撃性】
LEDは本体が樹脂でカバーされているため破損しにくい

地震などの落下時でもガラスの飛散がなく安全

~専門業者が取り付け工事をするメリット~
■電気工事のスペシャリストが取り付け工事を致します

■無料で省エネルギーのシミュレーションをします
LED導入前に、導入後の見込み削減電力や料金を無料でシミュレーション
シミュレーションをすることで、初期費用が何年で回収できるか目安がわかる

■エリア担当制できめ細やかなサポート
万が一のトラブルに対し、迅速なサポートを致します

■機器や配線の点検のためにも専門業者の工事が安心

■1年間のアフターフォロー
施工補償は1年間
※機器の初期不良及び弊社での施工責任によるトラブル以外は対象外とさせて頂きます

お気軽にお電話、メールでのお問い合わせ承っております

【受付時間】
8:30~17:30

水銀灯型LED照明取り付け工事のチラシデザインについて

今回は、水銀灯型LED照明の取り付け工事に関するチラシを作成しました。
タイトルと水銀灯型LED照明写真が目を引くインパクトのあるデザインです。

こちらは、DMチラシとして、取引先や既存顧客への集客・販売促進ツールとしてご活用いただけます。

以下、水銀灯型LED照明の取り付け工事に関するチラシについて、デザイン作成時に気をつけた点をお伝えいたします。

LED照明の切り抜き写真は飛び出して見えるように演出して目を引く

写真はアイキャッチといって人の注目や注意をひきつける効果の高い要素です。
さらに、輪郭に沿って切り抜き写真にすることで、被写体が強調され、より人目を引き付ける効果が高くなります。

そのため、水銀灯型LED照明の写真は切り抜きにして、紙面の右上に大きくレイアウトしました。
その際、少し斜めにして動きをつけて飛び出して見えるよう演出しております。

配置や割り付けことをレイアウトといいますが、レイアウトの際に意図的に回転や角度を加えるだけで動きや意外性が出るため、読み手の注目を集めることができます。

『電気代削減』のタイトルは注意を引き付ける黄色+黒色の配色でアイキャッチ

『工場・倉庫の電気代を削減!』のタイトルは、読み手の注意を引き付けるアイキャッチとするため、背景を黄色、文字を黒色で配色してデザインしました。

黄色は、警戒色ともいわれるほど視認性の高い色です。
単色でも目立つ黄色ですが、黒色と組み合わせることでコントラストが高まり、より一層目立つようになります。

黄色+黒色配色の踏切を想像していただくと、わかりやすいかもしれません。
遠くからでもよく目立つ警戒色となっております。

デザインを作成する際は、好きな色や使いたい色ではなく、色が持つイメージや効果を考慮して配色を決める必要がございます。

水銀灯型LEDに交換するメリットはデザインのアクセントにイラストをプラス

水銀灯型LEDに交換するメリットとして【瞬時に点灯】【長寿命】【省エネルギー】など、6つの項目を挙げました。
そして、その全項目にはイメージイラストをプラスして、デザインのアクセントにしました。

注目させたい情報には、アイキャッチとしてアイコンやイラストを添えると効果的です。

また、文字ばかりのチラシは読みにくく、読み手にとって退屈な印象を与えてしまいますが、イラストをプラスすることでデザインに楽しさや親しみを演出することができます。

チラシを手にとっていただくには、見て楽しさや親しみを感じていただけるデザインであるということも大事なポイントです。