司法書士事務所がクライアントを獲得するために必要な遺産相続のチラシ

遺産相続の無料相談やセミナーのチラシ
司遺産相続の無料相談やセミナーのチラシ

クライアント獲得に成功している司法書士事務所では、遺産相続の無料相談やセミナーのチラシを配布して、相談の機会を増やしています

多様化する社会環境の変化は様々な業種のチラシ広告の考え方を変化させていますが、司法書士事務所を取り巻く環境の変化も同様に、マーケットやサービスが多様化し、それに対する司法書士の姿も大きく変化してきています。
いま現在、全国の司法書士事務所様から多いチラシ制作のご注文は遺産相続の手続きを啓発するチラシです。

一般の人は司法書士のお仕事を理解できない人が多く存在し、有効的に利用できないという現状があります。
この問題を解決し、クライアントを獲得するためには、『司法と市民生活の問題点を提起し、司法書士の仕事を知ってもらう事で、相談して貰う案件を増やす』というチラシデザインの考え方が必要になります。

当店では多様化する司法書士のサービスを一般の人にわかりやすく説明し、司法書士事務所とクライアントとを繋ぐ為のチラシ制作を心がけております。

遺産相続を問題として提起するキャッチコピー

遺産相続の問題を避けて通れない人でも、その問題に興味を持てなかったりなんとなく後回しにしている人が多くいらっしゃいます。遺産相続のチラシはそれらの方々に問題提起し、相談に来てもらうために作成するものです。
まずはキャッチコピーで興味の無い人にも、注意を促すところからチラシ制作は始まります。ここでは遺産相続のチラシのキャッチコピーをご紹介させていただきます。

  • 相続手続って誰に相談したらいいのかしら?
  • 遺言書を書いておく方がいいのかなぁ?
  • 老後の事が心配だ…
  • 早めの手続きでトラブル回避
  • 相続手続きのこと考えたことありますか??
  • 相続の手続き、何からはじめたらいいのかわからない。
  • 誰に相談したらいいのかわからない。
  • 遺言を残したい。生前贈与したい。
  • 故人に借金があることがわかり相続を放棄したい。
  • 相続で揉めたくないので、専門家のアドバイスがほしい。

遺産相続のチラシに掲載すべき3つのポイント

point1■相談料無料であること
相談を無料で受け付けている場合、相談が無料であることをPRすることは、相談件数を増やすために必須項目です。
手続きにかかる費用は事前にご説明いたします。ご来所できない方のため、出張相談も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
というような文言を掲載することで、相談が無料であることと、有料相談の範囲を表現できます。

point2■難しい手続き一切不要であること
相続手続は複雑であるが、難しい手続きは司法書士がすべて請け負うということをPRすることは、手続きに不安を持っているクライアントの気持ちを楽にできるPRポイントです。
相続手続は大変複雑で、かつ大変重要な手続です。相続の専門家である司法書士に依頼することで、確実な手続をすることができます。というような文章を掲載し、『簡単に手続きができる』ということを伝えます。

point3■最初から最後までおまかせであること
相続手続きに関係する人の中にも難しいことを嫌う人がいますので、法律関係の問題に苦手意識を感じている人に対して、『最初から最後までおまかせできる』ということは魅力的なお話です。
ご依頼者様のため窓口を一本化、最初から最後までワンストップでご対応!
相続税、贈与税やその他の税の申告、相続をめぐり紛争がある場合など、必要があれば、信頼できる税理士・弁護士の先生をご紹介いたします。他にも、社会保険労務士、生命保険、FPなどたくさんの提携先があります。
といったことを掲載して、より簡単に手続きができることを伝えます。

オススメの遺産相続のチラシを配布する手段

  • 新聞折り込み
    若い層に向けてのチラシは新聞折り込みに向きませんが、ターゲットが50代~の場合は新聞折り込みの効果が見込めます。特に新聞を購読している層は遺産相続の問題に関係がある人が多くいらっしゃいます
  • ポスティング
    無料の相談会やセミナーを開催する際などに、地域住民に一斉にお知らせする場合は効果的な手段です
  • 郵便局
    郵便局には事前の審査が必要ですが、チラシやポスターを広告什器に掲出する形で設置することが出来ます。郵便局の待合中に閲覧して貰えるので、効果の高い配布の手段です。