訪問看護ステーションの三つ折りリーフレットを作成しました

訪問看護ステーションの三つ折りリーフレットを作成しました。
アリキヌでは、パンフレットデザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

訪問看護ステーションの三つ折りリーフレット

訪問看護ステーションの三つ折りリーフレット


訪問看護ステーションの三つ折りリーフレット

訪問看護ステーションの三つ折りリーフレット

リーフレット掲載内容

小さなお子さまからご高齢の方まで
ご自宅で療養されたい方・ご家族様へ

「やっぱり住み慣れた家で療養したいなぁ」
「病院の子供と一緒にお家で暮らしたいなぁ」
「できる限り自立した生活を送りたいなぁ」
「一時的でも看護・介護の負担を軽減して休息したい」

病棟経験豊富なスタッフ充実!
看護師による充実したケアをご自宅・施設で…

障害・難病の公費負担制度に対応
精神科訪問看護小児訪問看護応需

・夜間緊急対応可
・リハビリ充実
・土日祝対応可
皆様にとっての明るく・頼れる・身近な訪問看護ステーションでありたい!

私たちはご自宅・施設で療養されてみえるご本人様、ご家族様の意思・生活を大切にし、安心してゆとりのある療養生活を送っていただけるようお手伝いさせていただきます。
また、良い訪問看護をご提供させていただくために、病棟経験が豊富なスタッフを充実させるとともに、看護力と人間的な成長を大切にしております。

□サービス提供地域
一宮市、稲沢市、清須市
※その他の地域でもご相談ください

営業時間月~金9:00~18:00
休日・夜間の訪問看護利用の場合はご相談ください

医療・介護チームとの連携で緊急時も安心!
24時間体制の在宅支援

■訪問看護を利用したい…どこに相談すればいいの?

当訪問看護ステーションへお気軽にご相談ください。
かかりつけの主治医や、ケアマネージャー居宅介護支援事業所などにご相談いただいても大丈夫です。

【ご利用までの流れ】
主治医やケアマネージャー、当訪問看護ステーションへご相談ください

当訪問看護ステーションに相談・依頼が入ります

主治医に指示書を依頼します

訪問看護を開始いたします

【ご利用料金】
■医療保険の場合・・・保険証により基本1~3割負担
■介護保険適応の場合・・・基本1割負担
■自立支援医療の場合・・・医療費の1割を上限負担
■生活保護受給者の場合・・・別途、ご相談ください
■難病や障害の場合・・・別途、ご相談ください

【サービス内容】
■健康管理
血圧・脈拍・体温など健康状態をチェックし、病気や異常の早期発見・ケアに努めます。

■服薬管理
配薬や服薬に関する助言や、内服の確認、副作用の観察を行い、飲み間違え・飲み忘れといったトラブルの予防に努めます。

■リハビリテーション
理学療法士や言語聴覚士など専門職による、拘縮予防や機能訓練・歩行訓練・日常生活動作訓練、嚥下訓練、コミュニケーション訓練といったリハビリを行います。

■医療器具管理
点滴や人工呼吸器、カテーテルなど各種医療器具を医師の指示のもと管理・指導を行います。

■療養相談
日々の介護において、ご本人様・ご家族様のご不安な事項や様々なご相談に専門のスタッフがアドバイスを行います。

■床ずれの予防と手当
体位変換など床ずれの予防、床ずれしてしまった場合の処置を行います。

■日常生活のお世話
食事や排泄など日常生活の援助から入浴や清拭などお身体の清潔に関する援助・指導を行います。

■ターミナルケア
痛みや苦痛緩和のための看護・医療処置、ご家族様への支援などを行います。肌つまみ整膚も成果をあげています。
整膚師も在籍

◆ 自立支援医療(精神通院)制度をご利用頂けます。
◆ 医療保険と自立支援医療制度を使う事で原則1割負担となります。
◆ 世帯所得に応じて負担上限額が設定されます。

◇在宅でお子様のケアをされている方へ小児訪問看護行っております
日常生活の介助のお手伝いや、医療処置・ケアを行い、介護のご負担を少しでも軽減するためにサポートをさせていただきます。

◇医療のお悩みお任せください!!医療コーディネーション
医療サービスを提供する医療者と、サービスを受けるご本人様やご家族様の間に立ち、治療や医療サービスを円滑にご利用いただけるようお手伝いをいたします。
◆ 医療相談 ◆ 診療同席サポート ◆ 病院受診サポート
◆ セカンドオピニオン・サポート ◆ 看護・介護・在宅医療相談サポート

訪問看護ステーションのリーフレットデザインについて

訪問看護は、看護師などのケアスタッフが自宅や施設を訪問して病状、障害の観察、服薬管理、日常生活支援などをおこなうサービスです。

訪問看護に対する認知度は上がってきていますが、サービス内容や支援対象といった詳細は知らないという方もたくさんおられます。

多くの方に訪問看護のサービスを利用していただくには、まず『訪問看護がどんなサービスなのか』ということを知っていただく必要がございます。

その際、おすすめなのが、今回のようなリーフレットタイプの情報紙です。

三つ折りリーフレットの場合、ページ数は6ページ分ございますので、コンパクトでありながらも多くの情報を掲載することが可能です。
パンフレットと違って嵩張らないため、持ち運びにも便利ですので営業ツールとしても重宝いたします。

訪問看護ステーションのリーフレットをご検討の際は、ぜひ当店にご相談ください。

以下、訪問看護ステーションのリーフレットについて、デザイン作成時のポイントをお伝えいたします。

サービス内容は一目でわかるようイラストを多く配置する

『健康管理』『リハビリテーション』『日常生活のお世話』といったサービス内容一覧には、それぞれの項目に合うイメージイラストをプラスしました。

一般の人にはイメージが付きにくいサービスを紹介する際は、文字だけで説明するよりも、イラストや写真を多く配置し、目で見てわかるように説明することがポイントです。

また、イラストはアイキャッチといって人の視線をつかむ要素が強いため、リーフレットの中身に目を向けさせたい際に非常に有効です。

イラストがあることで、リーフレット全体も面白味のあるものに仕上がりますし、親しみやすさやとっつきやすさが加わりますので、効果的です。

医療・介護の在宅支援体制は図にして分かりやすく視覚化する

医療・介護チームとの連携による24時間在宅支援体制は、イラストを用いた図にしてわかりやすく視覚化しました。

図にすることで、【利用者様】と【訪問看護ステーション】と【ケアマネージャー】と【主治医】との繋がりが一目瞭然になりました。

文字だけでは説明が難しかったり内容が複雑な場合は、イラストなどを用いて図にするとわかりやすくなります。
図以外にも、円グラフや棒グラフ、フローチャートなども効果的です。

また、図をわかりやすく作成するためには、デザインにも気を配らなければなりません。
たとえば、同じ意味合いを持つグループは文字やオブジェクトの色や形をそろえましょう。

デザインがバラバラだと、全体の統一感が損なわれて見にくくなる上、『何か特別な意味があるのかな?』と読み手の混乱を招きますので注意が必要です。

『明るい・頼れる・身近』といった訴求したい企業イメージを強調

企業には、それぞれ強み・売り・特徴などがございます。
お客様にとってメリットに感じる事柄は、積極的にアピールすると良いでしょう。

今回は、訪問看護ステーションの『明るく』『頼れる』『身近な』といった訴求したい企業イメージは、テキストを画像のようにデザインして強調させました。

文字は、大きく太くするだけで目立つようになりますが、丸や四角といった枠で囲む、下線を引く、斜めに配置する、影をつけて立体的にする、色を変えるといった加工をくわえると、さらに訴求力が増します。

要所要所に適した手法でデザインに変化を持たせて情報を目立たせましょう。

公開日: