サービスの特徴がわかりやすい訪問看護リハビリのチラシ

サービスの特徴がわかりやすい訪問看護リハビリのチラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシデザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

サービスの特徴がわかりやすい訪問看護リハビリのチラシ

サービスの特徴がわかりやすい訪問看護リハビリのチラシ

チラシ掲載内容

住み慣れた地域やご家庭で
自分らしく療養生活を過ごせるように

訪問看護リハビリのご案内

~こんなお悩みはございませんか?~
■リハビリを受けたいが病院まで行けない…
■日常生活を送るうえでの機能を回復したい

私たちはリハビリが得意な訪問看護ステーションです
「立つ」、「歩く」「寝返りを打つ」身体機能を回復したい

在宅での生活を安心して送れるよう私たちがサポートいたします!!
■日常生活の援助
■多職種との連携
■予防医療の実施
■専門職によるリハビリテーション
■認知症のケア
■在宅療養のアドバイス
■医療処置医療機器の管理

どちらもご利用いただけます介護保険・医療保険
リハビリ訪問看護ステーション
まずはお気軽にお問い合わせください
受付時間9:00 ~ 18:00

訪問看護リハビリのチラシデザインについて

訪問看護とは、看護師さんが利用者様のご自宅など伺い、在宅療養やケアを提供するサービスです。

具体的には、血圧・体温・脈などの測定・薬の管理・排泄や入浴介助・リハビリなど、幅広いサービスを受けることができます。

非常に便利なサービスですが、患者様やそのご家族には、訪問看護といったサービスをご存じでなかったり、訪問介護と同じサービスであると誤解されている方も多いでしょう。

訪問看護は、在宅で不安を抱えておられる患者様やご家族にとって非常に頼りになる支援となりますので、サービスやメリットを多くの方に知っていただき、ケアや自立に役立てていただきましょう。

今回のチラシのターゲットは、高齢の方やそのご家族となります。
そのため、年配の方にもわかりやすいシンプルな内容で、重要な文字は見やすいように大きく掲載することがポイントとなります。

以下、訪問看護リハビリのチラシについて、デザイン作成時に気をつけた点をご紹介いたします。

『訪問』の文字を目立たせてサービスの特徴をわかりやすくアピール

訪問看護リハビリのサービスの特徴は、『訪問型のサービスである』という点です。

そのため、『訪問看護リハビリ』のチラシタイトルは『訪問』の文字を紙面の中でも一番大きくレイアウトしてサービスの特徴をわかりやすくアピールしました。

一文字ずつ四角で囲むことで、より強調させることができます。

こうして、文字の大きさにメリハリをつけたり、枠や装飾を加えたりすることで読み手の注意・注目を引きつけることができます。

チラシを見てすぐに『訪問』の文字がパッと目につくため、読み手は『このチラシは訪問看護に関する情報が載っているんだな』ということをすぐに理解できます。
そのため、訪問看護リハビリのサービスを必要としているターゲットへの訴求力がグッと上がります。

『身体機能を回復したい』等の悩み事例はイラストを加えて読み手の共感を高める

人は自分に関係のない物事や情報には関心を持ちません。
そのため、チラシの反響を得るためには、『読み手の共感を得る』ということも大事な要素です。

このチラシでは、ターゲットとなる方が抱えているであろう『リハビリを受けたいが病院まで行けない』『日常生活を送るうえでの機能を回復したい』『「立つ」「歩く」といった身体機能を回復したい』といった
具体的なお悩み事を挙げることで、読み手の共感を得るポイントとしています。

その際、イラストを加えることで、さらに共感を高めることができますし、イラストというのは、人の目を引くアイキャッチとしても効果もございます。

イラストを使用するときは、全体のデザインにマッチする絵柄を選ぶということも重要です。
親しみや優しさを訴求したいデザインの時には可愛く親しみの持てる絵柄、ビジネスライクなイメージを訴求したい時はシンプルでお堅い絵柄のイラストをチョイスしましょう。

訪問看護リハビリのサポート体制紹介はイラストを交えてわかりやすさを向上

見やすくわかりやすいチラシを作るためには、「見てわかる」といった表現も大切です。
「見てわかる」というのは、写真やイラストを用いたり、棒や円を使用したグラフ、矢印や図形を使用したチャート図などがそれにあたります。

チラシ下部にある訪問看護リハビリのサポート紹介のカテゴリは、テキストを羅列するのではなく、イラストを交えて図のような展開にし、わかりやすさを向上させました。

細部まで詳しく見なくても、大体のサービス内容を把握することができますし、イラストがあることで親しみが増します。

お問い合わせをいただくためには、わかりにくさ・難しさといった敬遠材料はなるべく避けたいものです。

公開日: