訪問歯科診療のサービス案内用三つ折りパンフレット

訪問歯科診療のサービス案内用三つ折りパンフレットを制作しました。
アリキヌでは、パンフレット制作から印刷まで対応させていただきました。

訪問歯科診療のサービス案内用三つ折りパンフレット

訪問歯科診療のサービス案内用三つ折りパンフレット


訪問歯科診療のサービス案内用三つ折りパンフレット

訪問歯科診療のサービス案内用三つ折りパンフレット

リーフレット掲載内容

歯科医師がご自宅や施設へ訪問します
訪問歯科診療のご案内

通院することが出来なくて歯の治療をあきらめてしまっている方へ

より多くの皆さまに食べる喜びと生きがいを

【訪問歯科診療のお申し込みから受診・ケアまでの流れ】
・お申し込み
まずはお電話にてお問い合わせください。
患者様、ご家族、介護者、介護事業者の方からもお申し込み頂けます。

・訪問日時の決定
お電話でご予定をお伺いし、ご希望に沿った訪問日時を決定致します。

・訪問診療当日
初診時、各種保険証のご提示をお願い致します。
※お薬手帳・印鑑等のご準備をお願いする場合がございます

問診後、患者様のお身体に適した場所、姿勢で治療を行います。
基本的に週に一度、一回の診療時間は30分程度です。

【治療開始】
ご予約・お申し込みは簡単お電話一本でお伺い致します
各医院を中心とした半径16km以内が訪問歯科診療エリアになります

※患者様、ご家族、介護者の方のご希望に応じて変更が可能です

【治療終了・定期健診】
治療終了後、口腔内の状態を維持するために口腔ケアについて詳しい説明を行います。
その際、口腔内の状態に応じて1ヶ月~6ヶ月の定期健診の提案を行います。

~お口の健康管理~
ご自宅で治療から口腔ケアまで

■お口の環境を整える
身体が不自由である等の理由で歯医者から足が遠のくと、虫歯や歯周病でお口の中の健康が損なわれ、口内が不快になり生活の質も落ちてしまいます。
訪問歯科診療サービスを受ける事は、お口を清潔に保てて生活の質が高まるだけでなく、虫歯や歯周病から歯を守る事になります。

■肺炎などの全身疾患の予防
お口の機能が低下していたり、口の筋肉を積極的に使わないでいると、噛む・飲み込む等の機能が著しく低下している事があります。
そのような場合、食べ物を喉に詰まらせたり、気管に異物が入ってしまい、誤嚥性肺炎を起こしやすくなって、命に関わる事もあります。

■噛む機能の維持・回復
お口の健康は、食事をしっかりと摂る上で非常に大切であると同時に、身体全体の健康にも大きく関わってきます。
きちんと入れ歯を入れたり、口腔リハビリ等を受けたりする事で、噛む機能が高まり、それによって脳が活性化されて認知症の予防にも効果が期待できます。

【訪問診療でも様々な治療が受けられます】
当院は、歯を削る機械、訪問歯科診療用の持ち運びができる様々な機械や器具を取り揃えておりますので、
ご自宅や施設等の訪問先でも、通常の歯科医院で受けられる治療とほぼ同等の治療ができます。

ご自宅や施設で安心して治療を受けて頂けます!
・口腔リハビリ
・口腔ケア
・入れ歯の製作・修理抜
・歯虫歯治療
・歯周病治療

訪問歯科のリーフレットデザインについて

今回は、訪問歯科診療のサービス案内用3つ折りカラーパンフレットをご紹介いたします。

訪問歯科サービスを高齢者施設や介護施設などの事業所で受け入れていただくためには、ケアマネージャーさんへの営業が重要です。
せっかく営業訪問に行っても、持参するのが名刺だけだと、社名も印象もあまり残りません。

営業の際には、きちんとした資料を準備して、信用や信頼感を印象づけることが大切です。

そして、資料として重宝するのが、今回のようなA4サイズを三つ折りにしたパンフレットです。
要点をまとめたわかりやすい内容を伝えることができる上、コンパクトで場所を邪魔になりません。

また、忙しい時にもさっとお渡しすることができますので、非常に便利でおすすめです。

訪問歯科のパンフレットをご検討中の方は、ぜひ当店にご相談ください。

以下、訪問歯科診療のパンフレットについて、デザインのポイントをお伝えいたします。

「訪問歯科診療」のタイトルは円で囲んで訴求力を高める

パンフレット表紙にある『訪問歯科診療』のタイトルは、円で囲んで目立たせました。
白抜き文字で目立ちますし、立体感を感じるデザインに仕上げておりますので、人目を引くアイキャッチとしての要素も高くなっております。

タイトルを認識しやすいということは、パンフレットをパッと見ただけで『訪問歯科診療に関する情報が載っているんだな』ということを一目で理解することができます。

パンフレットは、受付や施設などのラックに設置されていることが多いため、表紙を見ただで訪問歯科診療のサービスを探している方にアピールすることができます。

表紙のデザインは、パンフレットの顔となる箇所です。
そのため、表紙のデザインは、「何に関するパンフレットかが一目でわかる」「人目を引き付けるデザインのポイントがある」ということが重要となります。

見出しと本文の間には罫線を引いて情報を分かりやすく整理する

罫線には、区別のつきにくいものを区切ったり、複数の要素を繋いで結びつけたりする役目がございます。

今回は、裏面の『お口の健康管理』のカテゴリにある「お口の環境を整える」「肺炎などの全身疾患の予防」「噛む機能の維持・回復」といった見出しと本文の間には罫線を引いて、情報を分かりやすく整理しました。

「見出し」と「本文」といった種類の違いを視覚的に示してあげることで、パンフレットを読んだ人は内容をわかりやすく理解することができます。

情報を整理してグループ分けすることは、わかりやすく見やすいパンフレット作りに欠かせない作業です。
また、罫線のデザインによって与える印象も変わりますので、用途や雰囲気によって罫線のデザインを選ぶ必要がございます。

「歯周病治療」などの治療項目はイラストを加えてより分かりやすく

リーフレット裏面の下には、「歯周病治療」「虫歯治療」「抜歯」「入れ歯の製作・修理」といった資料項目をイラスト付で紹介しております。

イラストといった視覚情報が加わることで具体的イメージがわきますので、わかりやすさが向上いたします。
そのため、イラストを見ただけで、大体の内容を理解できるのです。

【隅々まで詳しく読まなくても、大体見ただけで内容が伝わる】という点も、見やすくわかりやすいリーフレットやパンフレットに仕上げるコツです。

訪問歯科診療は年配の方に向けたサービスですので、お年を召した方にも内容が理解しやすいパンフレットである必要がございます。

また、イラストはアイキャッチとして人の視線を集めるのに効果的です。
見た目の面白さもプラスされますので、読み手の視線をキャッチし、注目を集めるのに役立ちます。

公開日: