遺産相続・遺言に関する司法書士法人のパンフレット

遺産相続・遺言に関する司法書士法人のパンフレットを作成しました。
アリキヌでは、パンフレットデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

司法書士法人のパンフレットデザイン(表)
司法書士法人のパンフレットデザイン(表)

司法書士法人のパンフレットデザイン(裏)
司法書士法人のパンフレットデザイン(裏)

掲載内容の紹介

遺産相続のお悩みは司法書士にご相談下さい!

相続手続ってなぁに?
遺言書を書きたい
老後の事が心配だ…

初回相談料無料
出張相談可能
土日相談可能
秘密厳守
まずはご相談ください

◆サービスの特色 ここが違います
『ワンストップサービス』

司法書士・土地家屋調査士・行政書士で構成されたプロフェッショナル集団であり、それらを高い品質と幅広いエリアでご提供するため、京都・大阪・神戸・東京・福岡など全国展開しております。また、税理士・弁護士・社会保険労務士と提携関係を結んでおり、皆様の様々なお悩みをワンストップで解決するシステムを構築しております。
ワンストップサービスを大切なお客様にご提供いたします。

■京都事務所 ■大阪事務所 ■神戸事務所 ■東京事務所 ■福岡事務所

私達は、「迅速・確実なサービスの提供」と
「皆様一人一人の立場にたった問題解決」を心がけ、
一同日々精進して頑張っています。

◆相続手続サービス
預貯金・不動産の名義変更・相続放棄(※)のことなら私たちにお任せ下さい!
※相続放棄は相続を知った日から3か月以内に申立する必要があります。

■自分でやるとココが大変!!
□ 戸籍等各種公的証明書の取得
□ 遺産分割協議書の作成
□ 銀行、法務局、裁判所とのやりとり

このような面倒な手続を私たちがサポートします!
故人からあなたへ大切な財産のバトンタッチを私たちプロが丁寧・迅速にお手伝いします。

■料金について(財産の額、内容等に応じて御見積いたします。)
相続手続サポート 7万円~
例)相続人3人が、1000万円の不動産の名義変更をする場合。
報酬7万円 戸籍料1万円 登録免許税4万円 合計12万円
※別途、郵便料、日当・交通費が発生する場合があります。 

◆遺言サービス
自分のために、家族のために遺言書を書いてみませんか?

■こんな時は遺言書を書いておくと安心!
□ 相続人以外に財産を残したい
□ 相続人間で争いがおこらないか心配
□ 特定の相続人に多く財産を残したい
□ 遺言書で家族に伝えたいことがある

一つでも当てはまる方は是非ご相談下さい。
遺言書は民法の規定に従って作成しなければ無効となり、それ以外のものを指定したとしても法的な効力はありません。
せっかく書いた遺言書が無駄にならないように、ぜひ私たちプロにお任せ下さい!!

■料金について(遺産の種類、内容等に応じて御見積いたします。)
公正証書遺言サポート 8万円~
自筆証書遺言サポート 3万円~
※公正証書遺言には別途、公証人手数料が発生します。

例)3000万円の財産を配偶者と子供2人それぞれ1000万ずつ残す遺言書を作成する場合。
報酬10万円 公証人手数料6万2千円 合計約16万2千円
※別途、郵便料、日当・交通費が発生する場合があります。

◆成年後見サービス
大切な家族を守る制度をご存知ですか?

成年後見制度は精神上の障害(知的障害、精神障害など)により判断能力が十分でない方が不利益を被らないように家庭裁判所に申立てをして、その方を援助してくれる人を付けてもらう制度です。援助できる方が、その方の側にいらっしゃらない場合は、わたくしども司法書士のような専門職後見人が就任することも可能です。たとえば、一人暮らしの老人が悪質な訪問販売員に騙されて高額な商品を買わされてしまうなどといったことを最近よく耳にしますが、こういった場合も成年後見制度を上手に利用することによって被害を防ぐことができる場合があります。

大切な家族を守りたい。
あなたのその気持ちに成年後見制度は応えます。
まずはご相談下さい。
私たちプロが丁寧、親切にお答えいたします。

■料金について(内容等に応じて御見積いたします。)
後見申立サポート 8万円~

◆その他サービス
□ 会社や法人を設立するときの登記手続
□ 簡易裁判所での訴訟代理
□ 借金問題に関するお悩み

◆サービスの流れ
お問い合わせ

初回相談無料(親切丁寧なアドバイス)

御見積書の提出

ご契約

サービス提供

お問い合わせに繋がる司法書士法人のパンフレットデザイン

司法書士は、相続や遺言など人生において重要な場面でとても頼りになる存在です。
しかし、司法書士がどんな仕事をしていてどんな時にお世話になるのか、一般の方にはあまり馴染みがございません。

ぜひ、司法書士の仕事や役割重要性について広く知っていただき、いざという時にご相談をいただきましょう。

今回は、お問い合わせに繋がる司法書士法人のパンフレットにするために、デザイン作成時に気を付けた点をお伝えいたします。

ワンストップでのサービスが提供できることをアピール!

ワンストップサービスとは、税理士・弁護士・社会保険労務士と提携関係を結び、様々なお悩みを一度に(または一か所で)解決するシステムです。

相続や遺言に関する手続きは、複雑で専門的な知識を必要とします。
難しい手続きが不要で、一度に解決できるとなれば、一般の方にとって非常に魅力的ですよね。

ターゲットとなる方にとって、ニーズとメリットのある情報を提供することがポイントです。

『相続人以外に財産を残したい』など具体的事例を挙げて遺言の必要性を知ってもらう

遺言サービスの「こんな時は遺言書を書いておくと安心!」という項目は、具体的な事例を挙げたチェックリスト方式のデザインとなっております。

具体的事例を挙げることによって、それに当てはまる方に『自分のことだ』と共感・関心を持っていただけます。
パンフレットを読んでいただくためには、いかに共感・関心を持ち必要性を感じていただけるかがポイントとなります。

サービスの流れがフローチャートになっているのでわかりやすい

お問い合わせからサービス提供まで、フローチャートで図式化されています。
スペースも広くとっており、文字も大きく視認性が高いので、サービスの流れが一目瞭然です。

どのような流れで手続きが進むのかが分かりやすいと、読み手に安心感を与えることができます。
相続や遺言はご家族にとってデリケートな問題ですので、安心して任せられるかという点は非常に重要です。