相続・遺言問題を解決する司法書士事務所のチラシ

相続・遺言問題を解決する司法書士事務所のチラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

司法書士事務所のチラシデザインa
司法書士事務所のチラシデザイン(表)

司法書士事務所のチラシデザインb
司法書士事務所のチラシデザイン(裏)

掲載内容の紹介

相続問題
相談無料
専門家にお任せください
相続問題は財産や家族構成などにより実に様々です。
それぞれのケースに合わせて最適なご提案をいたします。

どの財産をどのように残すか…司法書士はスムーズな相続を進める専門家です!!

・亡くなった親の書いた遺言書が見つかった
・誰が相続人になるのか分からない
・不動産の名義変更をしたい
・相続財産を整理したら借金の方が多かった
・亡くなった父名義の預貯金を解約したい

・いつも面倒を見てくれる長男には他の息子より多く財産を渡してあげたい
・生きているうちに子供のために正式な遺言書を残しておきたい
・田舎の土地が昔に亡くなったひいおじいちゃんの名義のままだった
・相続人が1人もいない

などなど… 相続に関するお困り事は何でもご相談ください。
[営業時間]
平日9:00~18:00
土日祝でも対応しておりますご予約ください

■相続
相続とは、亡くなった人の財産を、その人と一定の身分関係にある方が、法律上当然に受け継ぐことを言います。
財産には、不動産、現金、預貯金、株券などのプラス財産だけでなく、借金などのマイナス財産も含まれます。
相続でトラブルになるポイントは次の3つです。

①誰に
②何を
③どう分かるか?

法律により、相続人や相続分等が定められていますので、スムーズに解決するには専門知識が必要となります。
おおづく司法書士事務所では、的確なアドバイスと法的手続きにより、相続トラブルを解決します。

【相続手続きの流れ】
1.面談による打ち合わせ
2.手続きの流れの説明、お見積もりの提示
3.正式にご依頼
4.相続人、財産関係の調査、正式な費用の提示
5.遺産分割協議等の作成、調印
6.不動産、預貯金等の名義変更
7.書類等の返却、報酬のお支払

■遺言
遺言とは、自分の所有する財産を死後誰に相続させるかを生前に指定することです。
そして、この内容を書面にしたものが遺言書です。適切な遺言書を作成しておけば、自分の死後、相続人らが相続財産をめぐって争いを繰り広げることを避けることができます。
たとえ親族の仲が良かったとしても、円満な相続を行いたいなら遺言書を作成されることをおすすめします。

【遺言必要度チェック ひとつでも当てはまる方はご相談ください】
□相続に自分の意思を反映したい
□相続人の数が多い
□遺産について争ってほしくない
□相続人が1人もいない
□内縁の妻(または夫)がいる
□子供がいない
□相続人以外にも財産を渡したい
□隠し子がいる
□残されるペットが心配である
□遺産を寄付したい
□再婚など、家族構成に複雑な事情がある

■成年後見
成年後見制度とは、認知症の方や知的障害、精神障害のある方など、判断能力の不十分な方々を保護し、支援する制度です。

【任意後見】
今は元気であるが、将来判断能力や財産管理能力が不十分となった場合に備える制度です。

【法定後見】
すでに判断能力が不十分な人に代わって、本人の利益を考えながら、契約などの法律行為をしたり、財産を管理したりする制度です。

■不動産登記
・不動産の売買・贈与をするとき
所有権移転登記

・住宅ローン等の借入を行うとき
抵当権設定登記

・家を新築するとき
表題登記+所有権保存登記

・住宅ローン等借入を完済したとき
抵当権抹消登記

・所有者の氏名、住所を変更したとき
氏名・住所変更登記

不動産の名義変更手続きについては、その登記の理由(売買・相続・住所変更等)により必要になる書類が変わってきます。お気軽にご相談ください。

■商業登記・企業法務
会社や法人の設立、登記事項の各種変更手続きは専門家である司法書士にお任せください。
登記手続きの内容によって、必要となる書類が異なります。
法務書類のチェックや指導、作成の支援が必要な場合は、お気軽にご相談ください。

~士業ネットワークによるトータルサポートで様々な問題にも一貫して対応いたします!!~
法的手続きは、個々に依頼すると専門家同士の意思疎通が出来ず、余計な時間やコストがかかってしまう事が多々あります。

お客様
↓ご依頼
司法書士事務所―行政書士―弁護士―税理士

司法書士事務所では、弁護士、税理士、行政書士など各専門家との連携を行っておりますので、一貫して問題解決に取り組むことができます。

問題解決は無料相談から!!
早めに司法書士に相談すること、これが一番の解決方法です。
まずはお気軽にご相談ください

相談件数が増えるデザインにするには

相続や遺言など、多くの方が経験する避けては通れない問題です。
非常に複雑でデリケートなうえ、法律が関係するので、手続きもややこしく専門知識が必要となります。

こういった時に司法書士など専門家に任せれば迅速な解決が望めるのですが、世間の認知はそう高くはありません。
問題に直面してはじめて知るといったケースがほとんどでしょう。

ぜひ、専門家に任せるメリットを一般の方に知ってもらい、ご相談に来ていただきましょう。

司法書士の顔写真を公開して安心感を得る

力強いポーズで大きく掲載された司法書士の写真が印象的です。
やはり、「どんな人がやっているのか?」という不安はみなさん持たれますので、顔がわかるということは安心に繋がります。

また、背景の太陽の光が、相続や遺言問題を解決に導くイメージとして潜在意識に働きかけています。

『遺言書が見つかった』など、どんな時に相談すれば良いかが分かる

司法書士といった職業があるのは知っていても、どんな仕事をしているのか、どんな時にお世話になるのか、といった点はまだまだ一般の方には知られていません。

ですので、多くの方に当てはまるであろう具体的なお困りごとを提示します。
そうすることで、どんな時に相談すれば良いかが分かり、『自分も相談してみよう』とコンタクトを取っていただくきっかけとなります。

無料相談会を実施して気軽に利用してもらう

クライアントを獲得する、すなわちお客様から依頼をいただくには、まず相談件数を増やさなかればなりません。
相談件数を増やすには、何らかの方法で接触機会を増やす必要があります。
その一つが無料相談会です。
気軽に利用してもらい、相談件数を増やしましょう。

弁護士や税理士と連携したトータルでのサポートをPR!

法関係の問題は、専門的な知識が必要なうえ複雑で難しいため、一般の方は敬遠します。
司法書士事務所に依頼する際も「依頼してもまた難しい問題が出てくるのでは?」といった不安をお持ちの方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、弁護士や税理士など各分野の専門家と連携してトータルでサポートしてもらえるなら安心して任せようと思っていただけるポイントとなります。