社会保険労務士主催の労災に関する無料セミナーのチラシ

社会保険労務士主催の労災に関する無料セミナーのチラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

労災に関する社会保険労務士主催のセミナーチラシ
労災に関する社会保険労務士主催のセミナーチラシ

掲載内容

セミナー申し込み FAXシート
傘下に一人親方を抱える建設会社・工務店 様

建設業社会保険未加入対策問題と一人親方労災特別加入
一人親方特別加入WEB管理システムのご紹介

【第1部】
社会保険未加入対策問題と一人親方労災特別加入
・社会保険未加入対策において安全管理ご担当者がやるべきこと
・一人親方労災特別加入と社会保険未加入対策問題とのつながり
・事故発生時の請負企業のリスクとは?
・ケース別 万一の事故発生、一人親方特別加入時の労災請求のながれ
・労災特別加入団体「カンパニーリスクマネジメント協会一人親方会」のご紹介
・年間事務会費1万円で労災申請時の別途費用なし。WEB管理システムが利用できます

【第2部】
業界初! 一人親方特別加入WEB管理システムのご紹介
・安全管理ご担当者様がWEB上でいつでも一人親方の労災加入状況が閲覧できるシステムです。加入証明書のダウンロードも可能で、実際にデモ画面を見ながら内容をご紹介します。

◆セミナー開催
安全・安心な現場つくりに日々注力されている建設業者・工務店様向けセミナーです。

[日時]
平成25年1月21日(月)
13:30 ~ 14:45
第1部・第2部質疑応答含む

[講師]
社会保険労務士

[場所]
大阪市北区梅田1-12-12
東京建物梅田ビル AP大阪駅前B1F
■JR大阪駅中央南口 徒歩2分
■地下鉄梅田駅南改札 徒歩2分

[定員]
30名

[参加費]
無料
定員になり次第、締め切りさせていただきます
恐縮ですが同業者・コンサルタントの方はご遠慮下さい

[申込方法]
下記ご記入の上、FAXにてお申込みください
受付票・会場地図をFAXいたします

[お問い合わせ]
社会保険労務士事務所

■個人情報の取扱いについて
ご記入頂きます個人情報は労災特別加入推進事業の為にのみ使用させて頂きます。個人情報については、弊社個人情報保護方針に則り厳重に管理します。今後の個人情報の開示、訂正、削除または利用停止につきましては、セミナー担当宛てにご連絡頂きますようお願い申し上げます。

◆このままFAXででお申込みください

社会保険労務士主催のセミナーチラシ

社会保険労務士が主催する社会保険や労災に関する無料セミナーのチラシを作成しました。

チラシ自体が申し込み書を兼ねているタイプとなります。
必要事項を記入してFAXで送信するだけで申し込み手続きが完了するといった手軽さが魅力です。

以下、社会保険労務士主催のセミナーチラシについて、デザイン作成時のポイントを詳しくお伝えいたします。

コントラストの強い紺色と白色の組み合わせでスッキリ見やすく

チラシやポスターなど広告物を作成する際は、見やすさが大切です。

そして、その見やすさを左右する重要なポイントのひとつに色のコントラスト(対比)がございます。
たとえば背景と文字の色の組み合わせを考える時に、明るい色と暗い色・薄い色と濃い色など、コントラストを高めることでスッキリと見やすくなります。

ただし、赤色と緑色・紫色と青色といった組み合わせはコントラストが高すぎて目がチカチカして視認性が大きく下がりますので、注意が必要です。

また、今回使用した紺色には重厚感や落ち着きといったイメージ、そして白色には信頼感や清潔感といったイメージがございますので、信頼や信用が大切な社会保険労務士のチラシに最適です。

社会保険労務士をイメージしたイラストを入れてデザインのアクセントに

セミナーの内容紹介の隣には、社会保険労務士をイメージしたイラストを大きく配置いたしました。
イラストがあることで、デザインのアクセントとなります。

また、イラストというのは文字よりも人の視線を集めやすいので、チラシに注目させるための仕掛けとしても役立ちます。

今回は、文字情報がメインのシンプルで安定感のあるデザインに仕上げておりますので、一点のイラストが特に読み手の目を引き付けます。

目立たせたいキーワードには黄色を強調色にして際立たせる

『一人親方特別加入WEB管理システム』や『建設業者・工務店様向けセミナー』といった特に重要で目立たせたいキーワードには、黄色を強調色として使用しました。
文字の色を黄色にするだけでなく、アンダーラインに用いても際立たせることができます。

黄色には注意を促すといった警戒色としての効果もございますので、強調色(アクセントカラー)に向いています。

ただし、同じ黄色でもオレンジ色や白色などコントラストの低い色の組み合わせだと視認性が下がりますので、配色の際には注意が必要です。