弁護士法人総合法律事務所のパンフレットを作成しました

弁護士法人総合法律事務所のパンフレットを作成しました。
アリキヌでは、パンフレットデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

総合法律事務所のパンフレットデザイン(表)
総合法律事務所のパンフレットデザイン(表)

総合法律事務所のパンフレットデザイン(裏)
総合法律事務所のパンフレットデザイン(裏)

掲載内容の紹介

弁護士法人 総合法律事務所
~当事務所のご案内~

フリーダイヤルはご予約専用
受付時間9:00 ~ 18:00

【所属弁護士】
東京・埼玉を中心に活動する男性/女性の弁護士が複数所属しており、複数弁護士による迅速かつ適正な事件処理を心がけております。

【取扱業務】
[個人]
■相続遺言 ■交通事故 ■債務整理 ■土地建物 ■労働問題 ■不当要求対応 ■離婚・夫婦問題 ■男女問題 ■先物被害 ■先物被害 など

[法人]
■債権回収 ■会社整理企業再建人事労務不動産関連契約書作成・レビュー知的財産税務問題・タックスプランニング など

【当事務所のご紹介】
当事務所では、事務所名の由来でもある『プラスアルファ』の顧客満足を常に念頭に置き、ご依頼者様のために、常に最良の結果を追求しております。また、多様なニーズにお応えするため、日々の業務に積極的に取り組ませて頂くとともに、業務改革にも努めながら事務所の体制を強化し、各種の無料相談など、他事務所にないサービスを提供できるよう、日々尽力致しております。
所属弁護士は相続、交通事故、法人・個人の債務整理や再建手続、離婚、企業法務、労働問題、不動産、税務等の特徴ある専門分野を有し、各種の委員会や学会等に所属するなどして、研鑽に努めております。

今後も、東京都市部で発生する最先端のビジネス法務にも取り組む一方で、東京都内・埼玉県内を中心とした、関東全域における多様な法的ニーズに対応していくことを心がけ、法人・個人を問わず、ご依頼者の皆さまのご要望により一層お応えし、皆さまの身近な存在でありたいと考えています。

【取扱業務のご案内】
下記の業務はあくまでも一例ですので、お悩みごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

[相続・遺言]
相続は時として身内間の「争続」に発展することもあります。
そのような事態の発生後はもとより、問題を未然に防ぐためにも、早めの対応が肝心です。

[後見・財産管理]
財産管理契約・任意後見契約・法定後見等は、それぞれ目的も効果を発揮する場面も異なる手続きです。少しでもお悩みの方は、まず弁護士にご相談ください。

[交通事故]
事故に遭った後の、相手方や保険会社との対応次第で、補償範囲が大きく変わる場合があります。損をしないためにも、お早めに弁護士にご相談ください。

[離婚・夫婦関係調整]
離婚問題は「離婚」そのものの他、離婚までの婚姻費用・慰謝料・お子様の問題など多岐にわたります。
1人で悩むより、まずは弁護士へご相談ください。

[不当要求対応]
日常生活上、ときに覚えの無い要求を受けることがあります。不当要求の態様は様々ですが、悪質な要求にこそ毅然と対応すべきですので、お早めにご相談ください。

[債権回収]
任意交渉による債権回収から訴訟提起、更には強制執行による権利の実現まで、幅広く行っております。
債権回収でお困りの方は、お早めにご相談ください。

[企業再建・会社の整理]
企業再建・会社整理(破産等)といっても、負債処理のほか、従業員や家族への対応等、問題は様々です。
適正な解決のため、少しでも早くご相談ください。

[不動産関連]
不動産関連の諸問題は、対象価額が高額であるだけでなく、様々な法律が複雑に関わるため、慎重な対応を要します。まずは弁護士にご相談ください。

[中小企業法務]
中小企業には、大企業に無い特有の問題も多々生じてきます。中小企業の抱える問題を未然に防止し、解決するため、弁護士が貴社をサポートをいたします。

[顧問契約(月額15,000円+税~)]
安定した企業経営のためには、問題への事後対応だけでなく、リスクの未然防止も大切です。顧問契約により法的トラブル防止・対応への環境を整えましょう。

相談件数が増えるパンフレットのデザインとは

弁護士法人総合法律事務所の相続や遺言の手続きに関するパンフレットを作成しました。
パンフレットの目的は、弁護士の仕事や事務所について知ってもらい、相談件数を増やしてクライアントを獲得することです。

今回は、パンフレット作成の際に気をつけたデザインのポイントをいくつか紹介させていただきますので、ご参考ください。

所属弁護士の顔がわかるので安心感を与えることができる

所属弁護士さんの集合写真があり、ひとりひとりの顔がわかるので安心感があります。

『どんな人が相談に乗ってくれるのだろうか』といった不安は、多くの方が抱かれるポイントだと思います。

仕事内容・事務所の方針・担当弁護士などがパンフレットで明確にされていると、信用・信頼につながり、『相談してみよう』という前向きな気持ちを引き出すことができます。

『不当要求対応』などの難しい業務内容はイメージイラスト付きでわかりやすく!

弁護士さんが扱う業務は、パンフレットには掲載しきれないほど多岐に渡ります。

ですが、アレもコレもと多くの項目を載せすぎると、逆に何を扱っているのかがわかりにくくなってしまいますので、一般の方でも馴染みのある身近な問題・業務について掲載することをおすすめいたします。

また、各項目には説明文と内容に見合ったイメージイラストを付けています。
イメージイラストがあることで、『不当要求対応』といった難しい項目もわかりやすくなります。

難しくてわかりにくいパンフレットは読んでもらえませんので、わかりやすくなる工夫が必要となります。

青空など自然の画像を取り入れて親しみやすさを出す

弁護士さんが扱う案件は、遺産や離婚など法律が絡む難しいものであると共に、相談者の方にとって非常にデリケートな問題です。
個人で相談を検討中の方にとっては、弁護士事務所というのはなかなか近寄りがたいイメージもあるでしょう。

そこで、青空や木々など自然の画像を取り入れて親しみやすさを出しました。
表紙はパンフレットの顔となる部分ですので、きっちりした感じのデザインですが、それ以外はベージュなど優しい色合いを基調としております。