透析患者に関するリハビリテーション学会のセミナーチラシ

透析患者に関するリハビリテーション学会のセミナーチラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

リハビリテーション学会学術集会に関するチラシデザイン
リハビリテーション学会学術集会に関するチラシデザイン

掲載内容

JSRR 2015
第5回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会

ランチョンセミナー6
維持透析患者に運動療法を導入・定着させる工夫

[日時]
2015年3月22日(日)
12:10~13:10

[場所]
第1会場
都市センターホテル3階「コスモスホールⅠ」

[座長]
公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会附属
副院長

[演者]
医療法人 才全会 理事長
院長

セミナーチラシ作成時に気を付けた点

集会やセミナーで人を集めるには、まず『こういったセミナーを開催しますよ』という情報を周知徹底する必要がございます。

その際、役立つのがチラシやポスターといった宣伝ツールです。

なぜなら、チラシやポスターはターゲットを狙った配布や掲示が可能だからです。
さらに保存にも優れているため、手元に置いて再び読み返してもらうこともできます。

当店では集客を念頭においたセミナーチラシをご提案させていただきます。
お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

以下、セミナーチラシ作成時に気を付けた点をお伝えいたします。

セミナー内容に合わせた透析をイメージさせるデザイン

タイトルなど伝えたい重要な情報は大きく表記し、紙面にメリハリをつけます。
さらに、今回は透析患者様に関する内容のセミナーですので、チラシには透析をイメージさせるイラストを作成し、セミナー内容に合わせたデザインになるよう工夫いたしました。

セミナーの内容がどんなに素晴らしいものであっても、それが全く伝わらないなら価値はゼロと同じです。
そのため、セミナーのチラシを作成する時は、パッと見た時に『何に関するセミナーなのか』がわかるようにデザインする必要がございます。

開催日時はすぐ目につく場所にわかりやすく表記する

“わかりやすさ”というのは、誠実な印象を受けますので、ポジティブな反応を得ることができます。
逆に、“わかりにくいさ・曖昧さ・不透明さ”というのは不誠実な印象を与えますので敬遠されがちです。

セミナーに出席する際、お客様にとって、最終的に一番重要なのは『いつ・どこでやるのか』という情報です。
ですので、開催日時はすぐ目につく場所にわかりやすく表記する必要がございます。

また、開催日時というのは忘れやすいポイントです。
チラシを読み返した時にも必要な情報がすぐわかるというのは利便性も良く、チラシの価値も上がります。

白色と青色を基調として信頼感・清潔感といったイメージを伝える

今回は医療に関するセミナーですので、信頼感・清潔感が感じられるデザインであることが好ましいでしょう。

白色には清潔・真面目、青色には信頼・誠実といったイメージがございます。
色が持つイメージを活かし、白色と青色を基調として信頼感・清潔感が伝わるデザインに仕上げました。

また、余計な飾りは極力避けてシンプルにすることで、落ち着いた印象を与えることができます。