病院が主催する公開リハビリテーション講座のチラシ

病院が主催する公開リハビリテーション講座のチラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

公開リハビリテーション講座のチラシデザイン
公開リハビリテーション講座のチラシデザイン

掲載内容の紹介

第5回公開リハビリテーション講座
「健康寿命を延ばしましょう」

リハビリテーションに特化した病院として、地域の皆さまの健康づくりのお手伝いをさせていただくために、公開リハビリテーション講座を開催しております。
当院のスペシャリストが、わかりやすい講演や、自宅でも簡単にできる体操の指導、個別相談などをさせていただきます。ぜひ、この機会にお誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。

無料
申込不要
会場の都合上、150名を超えた場合お断りする場合もございます。何卒ご了承ください。
定員150名 先着順

[開催日程]
平成27年10月21日(水)
14:00~15:30 受付 : 13:30~

[第1部]
・講演 『毎日の認知症予防』
・講師 言語聴覚士 認知症ケア指導管理士

[第2部]
・実技指導 『楽しく続けよう!頭とからだの体操』
・講師 作業療法士

終了後、専門職による個別相談もうけたまわります
第6回は平成28年2月17日(水)に開催予定です。

お問い合わせは公開講座係 まで

セミナーに参加してもらうためのデザインとは

お年寄りを対象とした公開リハビリテーション講座のセミナー案内です。
セミナーを通じて、参加者に知識や技術などを提供することで、信頼関係を築けば集患につなげることができます。

今回は、セミナーに参加してもらうためのデザインポイントを紹介いたしますので、ご参考ください。

セミナータイトル・日時・場所といった開催情報が一目で分かる

セミナーのお知らせで大切なのは、タイトル・場所・日時といった開催情報ですわかりやすく表記されていることです。
何が書いてあるかが分かりにくいデザインは、誤った情報を与えてしまう可能性もございますし、信頼・誠実さに欠けます。

また、今回はターゲットがお年寄りということもあり、文字の余白を大きく空けて見やすくなるよう工夫しています。
空白があると情報を詰め込みたくなりますが、チラシは読みものではございませんので、空白をうまく活用する必要がございます。

気軽に参加できる印象を持って貰えるようイラストで親近感を与える

『公開リハビリテーション講座』と聞くと、なんだか難しそうな印象を抱く方もいらっしゃるかもしれません。
難しそうというのは、ネガティブなイメージですので、セミナーへの足が遠のいてしまう可能性がございます。

そこで、可愛く親近感の持てるイラストを使用し、楽しそうなイメージを与えることで、気軽に参加できる印象を持って貰えるようにしました。

セミナーの内容も、ターゲットが必要とする情報であることが重要です。

緑色・オレンジ色といった健康を表現するカラー配色

紙面のメインとなる色は緑色、ポイントなる色にはオレンジ色などを使用してデザインを構成しました。
緑色やオレンジ色といった健康を表現するカラー配色だとされています。
木々の葉の緑色、太陽のオレンジ色など、どちらも自然をイメージさせる色で、イキイキとしたイメージがございます。

また、緑色には安心感や癒しの効果があるともいわれたりします。

そして、全体を明るく華やかなデザインに仕上げることで、気持ちも明るくなるよう工夫しています。
ポジティブな気持ちになることで、『セミナーへ行ってみよう』と前向きに検討していただける効果を狙っています。