医薬・医療機器製造業向けシステムソリューションの案内DM

医薬・医療機器製造業向けシステムソリューションの案内DMを作成しました。
アリキヌでは、DMデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

医薬・医療機器製造業向けシステムソリューションの案内DM
医薬・医療機器製造業向けシステムソリューションの案内DM

医薬・医療機器製造業向けシステムソリューションの案内DM
医薬・医療機器製造業向けシステムソリューションの案内DM

DM掲載内容の紹介

弊社は医療機器/医薬に特化したソリューションを提供している会社です

◇医療ビジネスソリューション
・ビジネスプロセス分析
・データクレンジング(マスタデータ、取引データ)
・営業事務作業受託(オンサイト常駐・定期、リモート)
・販売データ集計・分析

◇医療システムソリューション
・薬事システム構築
・EDI(MD-Net/JD-Net)構築
・マスタ分析・統合(MEDIS-DC連結機能 含む)
・システム保守(オンサイト常駐・定期、リモート)
・SFA・CRM(Salesforce.com)、BIシステム構築

◇IT保守サポート組織/Business ITの構築支援
・サポート体制のデザイン提案
・サポート要員の派遣
・定期レポート等での品質管理(SLA)

~医療機器ビジネスをデータ/プロセスの視点から支援します~
■販売データ集計・分析ソリューション
・販売実績(Sell Out)データを収集し、分析力をup
医療機器業界では、ここ数年メーカーは商品を建値(たてね)でディーラーに販売し、その後実際ディーラーが病院に売った実績を下に、値引処理を実施する販売形態が主流となって来ました。メーカー・ディーラー間で流通が効率化した一方、メーカーでは実際に販売されるデータを取得するタイミングがずれてしまいます。この実績データをより早く取得し、社内で共有することが、より早く販売計画を立てる上での鍵となっています。弊社では、 VAN(MD-Net)で取得した販売実績データをより早く、正確にエラー処理し、社内で共有可能にする仕組み及び運用を支援します。

【MD-Net VAN 販売実績システム構築】
MD-Net販売実績の利用する場合、各マスタと比較、効率的にエラー処理が可能な仕組みを構築することがデータを早期に利用可能とするポイントとなります。製品コード(JANコード)の確認や、データキー項目の確認、ディーラー毎に異なるデータ設定の自動化等を実現するシステムを構築いたします。
・MD-Net外のファイル取り込み
・各ディーラー毎の独自ロジックの追加
・各BI(Business Intelligence)、Reporting の連携・構築

【販売実績システム運用受託】
販売実績データは日々エラーの修正、マスタ構築等、かなりの労力を必要するのが現状です。また、MD-Net未接続のディーラーからバラバラに送付されるXLSシートを、より早いタイミングで整理、システムに統合し、値引を確定するとともに販売実績データを作成する必要があります。弊社では、この処理をオンサイト、オフサイトで受託いたします。
・現状に合わせたリソースプランニング
・プロセス改善を合わせて実施

■EDI (MD-Net) 構築ソリューション
・EDIで受発注を自動化、業務削減
医療機器業界標準VANであるMD-Netの各トランザクションと貴社基幹システム、BIシステムとの連結を構築します。
MD-Netは医療機器メーカー及びディーラーが共同で設計・構築し、推進しているEDI(VAN)で、唯一の業界標準です。このVAN導入により、FAXで受発注していたオーダーをデータで自動的に取り込むことが可能となりました。また、請求データを仕切としてシステムから自動作成し、送付することで、メーカー・ディーラーでの荷受処理や請求書処理の効率化を実現しています。業界で標準になりつつある後値引処理ではディーラーが病院に販売後にメーカーに納品実績を利用し送付する事で、早いタイミングでの値引処理又は売上分析を可能にしています。
弊社では、貴社システムとの連携を効率的なエラー処理を含め、開発を支援します。

・多次元での販売実績の分析を可能とする

■Business ITサービス
・ビジネス部門にて、システムの効率利用をサポートするサービス

ビジネスが解らないITは使えない
ITが解らないビジネスは使えない

Support Operationの構築と
Businessのempoweringをサポート

【Business ITの役割】
・IT Department への窓口
・各種問合せ・障害への対応
・ビジネスでの効率利用の提案
・各種ビジネスレポートの作成
・ユーザへのトレーニング
・MS Excel/Accessでのツール開発
・Global 組織とのコミュニケーション
・国内キーパーソンの育成

ビジネス視点のサポート
グローバルオペレーションの構築・運用
高度なレポート力

医療向けシステムの案内DMデザイン

ソリューションとは、解決や解答といった意味を持つ英単語です。
ビジネスやIT用語として、問題解決への取り組みや解決の手段という意味でよく使用されています。

今回は、医療機器や医薬製造に特化したビジネスソリューションやシステムソリューションを提供している会社の
サービス案内DMを作成しました。

提供しているサービスの内容がわかりやすく伝わるよう、DMハガキのデザインを構成しております。
以下、作成のポイントをお伝えいたしますのでご参考ください。

会社のイメージカラーである赤色をアクセントにして読み手の目を引く

会社のイメージカラーである赤色をハガキのデザインに取り入れました。
赤色は活力を感じさせるアクティブなカラーです。
さらに、赤色は人の目を引きつける誘目性の高い色でもあるため、よく目立ちます。

会社のイメージを色で訴求すると共に、アクセントカラーとしてアピールしたい情報を強調させる役割を持たせました。

また、赤色の背景は、グラデーションに四角のドットパターンを重ねました。
単色で塗るよりも全体に深みや奥行が出て、デザイン性がぐっと高まります。

立体的に表現したグラフィカルな図版でデザイン性を高める

システムやソリューションの内容をわかりやすく伝えるために、図解を用いて説明を加えました。
オブジェクトはカラフルな色使いで立体的に表現し、グラフィカルな図版でデザイン性を高めております。

図解や地図といった図もデザインの一部です。
図版をビジュアル化することで紙面に動きやインパクトが生まれ、見る人の注意を集めることができます。

また、わかりやすく魅力的な図版は、全体の仕上がりのイメージアップにも繋がります。
そのため、図版を作成する場合は“同じ意味を持つ要素は書体や色を揃える”など、細かな点に注意が必要です。

各サービスの間には飾り罫線を引いて種類の違いを明確にする

罫線には、区別のつきにくいものを区切ったり、複数の要素を繋いで結びつけたりする役目がございます。

今回は、『販売データ集計・分析』『EDI (MD-Net) 構築』『Business ITサービス』のカテゴリを区別するため、各サービスの間には飾り罫線を引いて種類の違いを明確にしました。

種類の違いを視覚的に示してあげることで、ハガキを読んだ人は、『ここからサービスの内容が変わるんだな』ということを、直観的にわかりやすく理解することができます。

また、罫線のデザインによって与える印象も変わりますので、用途や雰囲気によって罫線のデザインを選ぶ必要がございます。