障がい者グループホームの入居希望者募集チラシ

障がい者グループホームの入居希望者募集チラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

障がい者グループホームの入居者募集 チラシ
障がい者グループホームの入居者募集 チラシ

掲載内容の紹介

障がい者グループホーム
入居希望者募集

■グループホーム 若宮
現在稼働中

全室にエアコン、テレビ完備
洗濯機、冷蔵庫は共有

定員4人
残り1室

■グループホーム 見和
予約受付中
平成28年7月1日 入居開始
全室にエアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫を完備
定員8人
残り3室

【グループホームとは】
グループホームは、共同生活を営みながら必要に応じて、食事の世話、日常生活における相談、指導等の援助行うことにより、障がい者の自立生活を助長することを目的とする施設です。

【対象となる方】
対象者は障がい者であって、日常生活上の援助を受けないで生活することが困難であるか、または適当でない方で、一定程度の自活能力があり、数人で共同の生活を送ることに支障がない方です。
また、日常生活を維持するに足りる収入があることが必要です。

■費用
・家賃
月 / 35,000円
※各市町村より月10,000円の補助がありますので、実質25,000円となります

■食費
朝 / 350円 夜 / 500円
※日中活動先が休みの場合の昼食は希望者のみ300円で対応いたします

■光熱水費
実費負担

■共益費
5,000円

各施設共にコンビニ、バス停が近くにあります♪

【グループホームで働いてくれる方を募集しております】
・内容
朝食・夕食等の用意、利用者のお世話等

入居者募集のチラシデザイン

今回は、障がい者グループホームの入居者を募集するチラシを作成しました。
スタッフも募集したい場合は、同時に掲載することも可能です。

その際は、スタッフの写真(またはイメージ写真)やイラストを添えるとアイキャッチにもなりますし、訴求力も高まります。

以下、入居者募集のチラシについてデザインのポイントをお伝えいたします。

入居したくなるような明るくて安心と親しみを感じるデザイン

障がい者グループホームというと、『暗い』『怖い』といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
暗い・怖いといったイメージでは、誰も入居を希望しません。

入居を希望していただくには、明るくて安心と親しみを感じることができるデザインである必要がございます。
そのため、今回のチラシは、温もりや親しみをイメージするオレンジ色を基調とし、可愛らしいイラストや四葉のクローバーを敷き詰めた画像を使用しました。

残室数をアピールして入居希望者に申し込みを急がせる

グループホームの残室数は、目立つように大きくレイアウトいたしました。

残室数をアピールすることで、どのくらい空きがあるかを知らせると共に、入居を検討している方に『残りが少ないから早く申し込まないと埋まってしまうかも』という風に入居の申し込みを急がせる効果が期待できます。
『残りわずか』と記載するよりも『残り1室』など、具体的な数字を用いる方が効果的です。

また、今回募集しているグループホームは、同じ市内に二カ所ございます。は二カ所にあるグループホームで
それぞれが別のグループホームだという区別を明確にするため、緑とピンクに色分けしました。
色分けは、情報をわかりやすく整理整頓する際に役立つ方法のひとつです。

お問い合わせ先は一目でわかるように掲載する

電話での問い合わせをいただきたい場合、お問い合わせ先は一目でわかるように掲載する必要がございます。

入居の申し込みをしようとしても、問い合わせ先がどこに書いてあるかわからないと、お客様は『どこに連絡すれば良いか分からないし、面倒だしやめようかな』という気持ちになってしまいますよね。
これでは、契約のチャンスも逃してしまうことになりかねません。

お客様をお問い合わせへスムーズに誘導するには、連絡先をわかりやすく記載しなければなりません。