介護相談件数が増える居宅介護支援・訪問介護事業所のチラシ

介護相談件数が増える居宅介護支援・訪問介護事業所のチラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味を持たれた方は、ぜひお問合せください。

居宅介護支援・訪問介護事業所のチラシデザイン
居宅介護支援・訪問介護事業所のチラシデザイン

掲載内容

介護のこと
一人で背負っていませんか?

「訪問介護とはどんなサービス?」
「介護認定の手続きはどうすればいいの?」
「介護保険内でのサービスについて?」
「掃除・家事を手伝ってほしい!」
「家族で介護するのに疲れた!」

お気軽にご相談下さい。
京都府指定事業所だから相談料金等は無料です。

私達はご利用者様はもちろん、ご家族様の負担を少しでも軽減するために介護サービスをもっと気軽にご利用できるアドバイスをさせて頂きます。

◆介護相談窓口
定休日:日・祝日

■ 居宅介護支援事業所
■ 訪問介護事業所

デザイン作成の際に気を付けた点

今回は、無料相談を通じて利用者様の獲得に繋がるような介護事業所のチラシを作成しました。

介護に関する悩みは家庭や環境により複雑で、多くの方がストレスを抱えておられます。
ターゲットとなる方からお問い合わせをいただくには、無料で対応していることや親しみやすさをアピールして、気軽さを感じていただくことがポイントです。

以下、相談件数が増える介護事業所のチラシについて、デザイン作成の際に気を付けた点をお伝えいたします。

「介護認定の手続きはどうすればいいの?」など具体的な相談事例を載せる

チラシで「介護の相談してください!」ということを漠然と呼びかけるだけでは、読み手の共感や関心を引くことはできません。

読み手の共感や関心を引くためには、ターゲットの具体的な悩みやニーズを挙げて、売り手が提供できる価値(無料相談)を提示する必要がございます。

さらに『訪問介護』や『介護認定』など特に強調したい語句がある場合は、文字の色や太さを変えることで訴求力をアップすることができます。

明るく親しみのあるデザインで気軽に介護相談できる雰囲気を演出

同じ内容を掲載したとしても、使用する色・イラスト・書体によって、チラシの雰囲気はガラっと変わります。

介護にお悩みの方から問い合わせをいただくためには、チラシを見た時に“相談しやすい雰囲気が感じられる”ということが重要です。

今回は、紙面のベースに“温もり”や“親しみ”といったイメージを持つオレンジ色を使用しました。
また、ギンガムチェック柄のテクスチャを加えることで、デザインに深味が出ます。

そして、柔らかい印象を与える書体やイラストを選択し、明るさや親しみを演出することで、気軽に介護相談できる雰囲気のデザインに仕上げました。

相談窓口の電話番号は一目でわかるように大きくレイアウトする

介護にお悩みの方から相談を受付ける際、一番重要な情報は相談窓口である事業所の電話番号です。

電話番号が小さくて読みにくい、連絡先がどこに書いてあるかわからないといったチラシでは『相談しようと思ったけど、やっぱりやめよう』ということにもなりかねません。

また、介護者も御高齢であることが見込まれます。
電話番号は、どこに書いてあるかが一目でわかるように大きくレイアウトする必要がございます。