ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレット

ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレットを作成しました。
アリキヌでは、リーフレットデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味を持たれた方は、ぜひ掲載元のケアステーションまでお問合せください。

ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレット
ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレット

ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレット
ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレット

リーフレット掲載内容

ケアステーション
居宅介護支援ご案内

毎日をもっと生き生きと、
実りあるものへとするために…

24時間365日、患者様・利用者様が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう在宅での医療・介護・看護サービスの提供を行っております。

■居宅介護支援・訪問介護・訪問看護の併設ステーションにてお一人お一人のご希望・ご状況に合わせ、様々な分野からの視点で在宅支援を行います。

■居宅介護支援では、ご本人様とご家族様が在宅での生活を、ご自分らしく安心して継続していくために、必要な支援をまごころ込めて、一緒に考えていきます。

【営業日時】
月・火・木・金・土
9:00~18:00
(水・日・祝 お休み)

◆居宅介護支援とは・・・
認定を受けた在宅の要介護者または要支援者が、居宅サービスを利用するためのプランの作成を行います。
作成は専任の介護支援専門員(ケアマネージャー)が担当します。

【サービス内容】
◇居宅サービス計画(ケアプラン)の提案・作成
◇保険・医療・福祉・介護サービス事業者との連絡・調整
◇介護保険や介護に関する相談・助言
◇介護保険に関する申請代行
◇福祉用具・介護用品のレンタル・購入や住宅改修などに関する提案・助言

医療、福祉、地域と密接に連携し様々な分野からお手伝いします
ご本人のご希望を大切に、ご利用者様に合うサービスをご提案いたします

◆ご利用の流れ
・ご利用者様やご家族からの相談(利用申し込み)

【介護度未定の場合】
要介護認定の申請(申請代行いたします)

要介護認定

・利用者様の状態把握(アセスメント=課題分析)
ケアマネージャーがご自宅にお伺いしご利用者様・ご家族様と面接してご状況をお伺いします

・利用者様への情報提供
サービス事業所等のサービス内容や利用料等の情報を提供しご利用者様、ご家族様がサービスを選択します

・居宅サービス計画(ケアプラン)の作成
ケアマネージャーが説明と合意の確認を致します

介護保険サービスの利用開始

◆ご利用料金
本サービスの利用にあたって利用者負担はございません (介護保険が10割負担します)

居宅介護支援の案内リーフレットデザインについて

居宅介護支援(きょたくかいごしえん)とは、介護保険法保険給付対象サービスのひとつである。
介護利用者が適切に介護サービスを利用できるようにするため、利用者の依頼のもと、介護支援専門員(ケアマネジャー)が居宅介護サービスの計画を立てる。その計画に従い、サービスが提供されるようにサービス提供事業者との調整を行う。

Wikipedia-居宅介護支援

今回は、医療法人が運営されているケアステーションの、居宅介護支援に関する案内リーフレットを作成しました。

以下、リーフレットに関するデザイン作成時の要点をお伝えいたします。

安らぎと希望を感じさせるグリーンをメインとした表紙デザイン

表紙は、リーフレットの顔ともいえる部分です。
リーフレットの中身を読んでもらえるかどうかは、表紙のデザインにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

今回、表紙は四葉のクローバーをメインとし、安らぎを感じさせるグリーンを基調とした表紙デザインに仕上げました。
また、クローバーに差し込むキラキラとした光の煌めきが、居宅介護支援を受けることで明るい未来が開けるといった希望を感じさせます。

介護は、する側もされる側も負担が大きく、心身共に疲弊してしまいがちです。
そのため、リーフレットのデザインから安らぎや希望が感じらることで、『ちょっと利用してみようかな』と感じていただけるのではないかと思います。

ご利用の流れを示したフローチャートは横幅を揃えてスッキリ見やすく

ご利用の流れは、フローチャート(流れ図)で図式化し、わかりやすく説明いたしました。
チャート図の四角い枠は、横幅を揃えることでスッキリと見やすくデザインしております。

フローチャート(流れ図)をわかりやすく作成するには、デザインにも気を配らなければなりません。
たとえば、同じ意味合いを持つグループは文字やオブジェクトの色や形をそろえるといった具合です。

デザインがバラバラだと、全体の統一感が損なわれて見にくくなる上、『何か特別な意味があるのかな?』と読み手の混乱を招きますので注意が必要です。

文章であれこれ説明するよりも、図を使用して視覚化したほうが読み手の理解も深まります。
特に、手順や利用の流れが複雑な場合は、図式化した方が良いでしょう。

女性の写真をアイキャッチにして問い合わせ電話番号に視線を誘導する

リーフレットの中面の下部には、問い合わせ電話番号を掲載しておりますが、左側に女性の写真を付け加えました。

“チラシやポスターなどで、デザインの中に人物写真が使われていると、つい目がいってしまう”というご経験をされた方は多いのではないでしょうか。
それだけ、人物写真というのは人の注目や視線を集めやすいといった性質がございます。

今回はそういった人物写真の性質を利用し、女性の写真をアイキャッチにすることで、読み手の視線を問い合わせ電話番号に誘導するようデザインを構成しております。

また、使用した女性の写真は、被写体の輪郭に沿って切り抜くことで写真をより強調させ、アイキャッチ力をアップさせました。