集患に繋がった犬猫クリニック内覧会のチラシを作成しました

集患に繋がった犬猫クリニック内覧会のチラシを作成しましたのでご紹介いたします。
アリキヌでは、チラシデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

犬猫クリニックの開院チラシデザイン
犬猫クリニックの開院チラシデザイン

コミュニケーションしたい内容

3月16日(月)岐阜市国道21号線下川手ICそばに犬猫クリニック開院OPEN!

内覧会のお知らせ
3月14日(土)・15日(日)10~16時

開院に先がけ、内覧会を行います。
普段みることのできない動物病院の裏側をのぞいてみませんか?
ぜひお気軽にお立ち寄りください!
ささやかではありますがプレゼントを準備してお待ちしております♪

[診療時間]
午前9:00~12:00
午後4:00~7:00
12~4時(昼)手術、予約診察、往診

駐車場8台(病院前3台、南側駐車場5台)完備

デザインのポイント

写真・院名・内覧会のお知らせを、横型のワイドな紙面に大きくレイアウトした特徴あるデザインです。
注目させたい院名と内覧会のお知らせに目が留まるよう、赤色を使用して目立たせました。
赤色には、遠くからでも目に入る視認性の高さや視覚誘導効果があります。

掲載内容が少ないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、獣医師法で詳細に規制が決まっておりますので、あまり多くの情報を出すことが出来ません。
いかに少ない情報で興味を引くデザインを作れるかがポイントです。

診療圏への挨拶状の役割も果たす開院・内覧会のチラシは、院周辺の範囲に撒くのが良いでしょう。
なぜなら、よほど専門的な病気でない限り家の近くにある病院に連れて行かれる方が多いからです。

また、地図を載せる場合は、わかりやすい地図であることが必須です。
地図がわかりにくいだけで「行きたくない」と思われる方もいらっしゃいます。

そして、駐車場に関する情報も掲載しましょう。
患者さん目線に立つと、車を止めるスペースが十分あるかということも大事なチェック項目になります。
具合の悪い愛犬や愛猫を病院へ連れて行くには車が便利ですので、駐車場が無いとマイナスポイントになってしまうかもしれません。
十分な駐車場があることは大きなメリットですので是非アピールしましょう。