薬学会が主催するお子様向けのイベント集客チラシ

薬学会が主催するお子様向けのイベント集客チラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味を持たれた方は、ぜひお問い合わせください。

薬学会が主催する子供向けの集客イベントチラシ
薬学会が主催する子供向けの集客イベントチラシ

掲載内容

夢の薬を作ってみよう!!
錠剤・カプセル自作体験

研究所で、薬ができあがる様子が見られるよ!

薬学会子ども実験企画
2015年7月28日(火)
参加費無料!!
東京駅から往復貸切バスでの移動です
8:30出発~17:00頃解散予定

【応募締切】
2015年6月30日

◆社員食堂でランチ!
◆楽しい実験「夢の薬を作ってみよう」錠剤やカプセル作りにチャレンジ!
『ちびっ子薬学博士をめざそう!』

[対象]
小学5、6年生と保護者の方

[申込方法]
インターネット・メール・お電話で受け付けます。
参加者と保護者のお名前と連絡先を明記し、件名を「子ども実験企画参加希望」としてお送りください。
お子さんだけの参加も可能ですが、必ず保護者の方の同意を得てください。

子供向けイベントの集客チラシ

今回は、錠剤やカプセル自作体験といったお子様向けのイベント集客チラシを作成しました。
イラストを多く使用し、楽しい雰囲気が伝わるカラフルなデザインがポイントです。

以下、子供向けイベントの集客チラシについて、デザイン作成のポイントをお伝えいたします。

イベントに参加したくなるような明るい配色と可愛いイラスト

今回は、参加対象がお子様ですので、『なんだか楽しそう!』と思えるようデザインを作成しました。
イベントに参加したくなる可愛いイラストと明るい配色で、視覚を通して楽しさが伝わるということがポイントです。

楽しさを感じさせるようなデザインにするには、黄色やオレンジ色といった暖色系の色を中心に配色を組み立てます。
そして、風船や虹のイラストなど、ワクワク感を喚起するようなアイテムを取り入れるとより効果的です。

また、イラストはアイキャッチとしても有効ですので、読み手が思わず目をとめてしまうといったメリットがございます。

『薬』の文字にはカプセルのイラストを用いてデザインのアクセントに

『夢の薬を作ってみよう!!』のタイトルに使用している『薬』の文字は、カプセルのイラストを用いてデザインのアクセントにしました。

遊び心や変化のあるデザインは、見る人の好奇心や興味を引きます。

デザインが退屈だと、広告を目にした人も『じっくり見てみようかな』という気にはなりません。
チラシの内容に目を通していただくためには、面白さというのも大事なポイントなのです。

さらに、『夢』と『薬』の文字の上に女の子と男の子のイラストを小さくのせました。
デザインのアクセントになると共に、『子供に関係のあるチラシ』であることを直感的に訴求することができます。

『ランチ』と『薬作り』の情報は各々を円で囲んでカテゴリの違いを明確化

今回のイベントは、薬作り以外に“社員食堂でランチを食べる”とういうプログラムが盛り込まれています。

紙面では、ランチと薬作りのプログラムを二つ並べて掲載しております。
単に情報を並べただけでは、読み手の混乱を招く恐れがございますので、それぞれの情報を円で囲むことでカテゴリの違いをわかりやすく表現いたしました。

ラインを引いてきっちりと区切るよりも、自然で動きのあるデザインに仕上げることができます。

また、薬作りの内容の方を大きくレイアウトしておりますので、情報に優先順位が生まれてメリハリのあるデザインになります。