訪問歯科診療の3つ折りカラーリーフレットを作成しました

訪問歯科診療の3つ折りカラーリーフレットを作成しました。
アリキヌでは、リーフレットデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、リーフレットに掲載されている番号にお問い合わせください。

訪問歯科診療のリーフレット
訪問歯科診療のリーフレット

訪問歯科診療のリーフレット
訪問歯科診療のリーフレット

リーフレット掲載内容

歯科医院への通院が困難な方へ

あなたの元へ歯の治療に伺います!!

『こんにちは!』
『ご飯はおいしく食べられていますか?』
ご不明な点など、どうぞお気軽にお尋ねください

『訪問歯科の料金って高そうだけど…。』
『保険が適用になりますのでご心配はいりません!』

◆訪問歯科診療の費用について
訪問歯科診療の治療費用は、医療保険や介護保険などの保険診療が適用されます
交通費・お礼などは一切必要ありません
介護保険の居宅療養管理指導費はケアマネージャー様が策定されているケアプランとは別枠の算定となり、支給限度基準額の対象外となります

①医療保険
・患者様が1人のみの場合…870円 + 治療費
・1つの訪問先で患者様が2人以上9人以下の場合…280円 + 治療費
・1つの訪問先で患者様が10人以上の場合…140円 + 治療費
※上記は1割負担の例となります
(患者様によっては3割負担の場合もあります)

②介護保険(居宅療養管理指導費)
口腔ケア、お口の中を管理するための費用です。

①医療保険負担金+②介護保険負担金=総治療費

◆総治療費
1お問い合わせ
電話などで当医院へお問い合わせください。現在の状況やご希望の日時などをお伺いし、ご訪問の日程を決定します。

2検診
歯科医師・スタッフがご訪問し、現状を確認します。

3説明
検診の結果をご説明し、治療費・治療計画についてご説明をします。

4治療開始
ご理解いただいた治療方針に基づいて、患者さんに合う治療を開始します。

5定期訪問ケア
個別のケアメニューを作成し、口腔ケアを行います。

訪問範囲は当院を中心に半径16kmの範囲となります

~みんなが笑顔になるために~
虫歯の治療だけではありません!

◆歯医者さんも介護スタッフの一員です!
介護が必要な方の多くが、お口の中にトラブルを抱えています。しかし口を開けて確認したり覗き込むことがなかなかできないことから、気付かないケースが多々あります。

①入れ歯は合っていますか?
入れ歯は一度作っても、時間が経つにつれ顎の骨や歯茎の状態が変化してくるので、徐々に合わなくなってきます。お口にピッタリの入れ歯を入れると食事がおいしくなります。

②食べ物や飲み物はうまく飲み込めますか?
嚥下障害の可能性があります。誤嚥性肺炎や摂食障害を予防するケアやリハビリ法を指導します。

③口臭はありませんか?
口臭はお口の汚れや歯周病が原因の可能性があります
お口の状態を清潔に保つことで、口臭予防になります。

④食べ方や話し方に違和感はありませんか?
食事をぽろぽろこぼす、食欲がない、味の好みが変わった、噛みづらそう、言葉が聞き取りにくい、発熱があるなどの症状は、お口の環境が原因で起こっている可能性があります。

⑤寝たきりでお口の中が心配ではないですか?
お口のプロが状態をチェックして、お口のお手入れ治療を行います。また、お口のケアの方法について指導します。

1つでもあてはまるものがあればお早めにご連絡ください!

~歯医者さんがあなたのご自宅や施設にやってきます!~
通院が困難な方のために歯科診療にお伺いします!

お口の健康は、体の健康だけでなく心にも直結する大切なものです。
「おいしい食事」「楽しい会話」は、毎日を生き生きと過ごすためにとても大切で、そのすべての入口がお口なのです。しかし、身体的な問題で歯科医院に行く事が困難な方や施設に入っている方はどうすればいいのでしょうか?
そこで「訪問歯科診療」があるのです。
現在、介護の現場へ歯医者さんが訪問して治療やケアを行うことは常識なのです。

■訪問歯科診療でも歯科医院と同じように十分な治療が受けられます!
歯科治療に必要な機械や機材を持って訪問致します。
特別にご用意していただく物はございませんのでお気軽にご利用いただけます。

■誤嚥性肺炎には口腔ケアが有効です
口の中の細菌が肺に入って起こる誤嚥性肺炎で多くの高齢者が亡くなられている事から、近年、介護が必要な方の口腔ケアが重要視されています。
お口を清潔に保つことが、誤嚥性肺炎の予防に非常に有効です。

■介護が必要な方のお口に目を向けてみましょう!
ご自宅で介護されている方に限らず施設で介護されている方にも共通して見落とされがちなのが歯の健康です。
普段見えにくい部分だからこそしっかりと目を向けてみてください。

【治療・ケア】
虫歯の治療
歯周病治療
口腔ケア
入れ歯の作成・調整お手入れ
嚥下
リハビリ訓練

【治療・ケアの効果】
痛みがなくなる
歯が長持ちする
お口の状態が清潔に保てる
口臭の予防
うまく飲み込めるようになる
食事をこぼさなくなる
入れ歯が良い状態に保てる
口腔機能の向上維持
食欲の増加

【治療・ケアの大きな効果】
食事が楽しくなる
栄養が摂れる
会話がしやすくなる
誤嚥性肺炎の予防
摂食障害の予防
認知症の防止

ご飯がおいしく食べられる
みんなが笑顔になれる

・お口の状態に目を向けてみましょう
・歯医者さんに相談しましょう
・治療・リハビリを受けましょう
・治療を受ける事で危険性やストレスが減ります
・お口の健康を維持して楽しい生活を送りましょう

費用は保険が適用されますご安心ください

訪問歯科診療のリーフレットデザイン

今回は、訪問歯科診療の3つ折りカラーリーフレットを作成しました。

訪問歯科に対してポジティブなイメージを持っていただけるように、カラフルで明るいデザインに仕上げました。

また、治療や費用に関する内容は可愛らしいイラストを交えて説明しておりますので、訪問歯科に対するイメージが掴みやすく、年配の方にとっても非常にわかりやすい内容になっております。

以下、訪問歯科診療のリーフレットについて、デザインのポイントをお伝えいたします。

『あなたの元へ歯の治療に伺います』のレイアウトは動きをつけてアイキャッチ

人は動きを感じるデザインに興味や関心を引かれる傾向がございます。

その性質を利用して、『あなたの元へ歯の治療に伺います』のタイトルは、弧を描いたように斜めにレイアウトしました。
斜めにレイアウトすることで、デザインに躍動感が生まれます。

また、文字の配置に変化を持たせることで、注意をひきつけるアイキャッチとしての効果が高まります。
さらに、黄色のアンダーラインを付けていますので、水色の背景に埋もれることなく文字を目立たせることができます。

枠やオブジェクトの中に文字を書き込む際は余白を持たせてニアミスを避ける

枠や四角・丸といったオブジェクトの中に文字を書き込む際は、ニアミスに注意して、枠のギリギリに文字が来ないようレイアウトしなければなりません。
枠内に余白がないと、読み手は非常に読みにくく、窮屈な印象を受けてしまうからです。

そのため、枠や四角・丸といったオブジェクトの中に文字を書き込む際は上下・左右に均等な余白を設ける、枠を広げられない場合は文字の大きさを調整するなどして、ゆとりをもって配置できるよう工夫が必要です。

段落を飾り罫線(ライン)で仕切って可読性を向上させる

『歯医者さんも介護スタッフの一員です』『訪問歯科診療の費用について』のカテゴリは、段落ごとに緑の飾り罫線(ライン)で仕切って可読性を向上させました。
線を引くことで、“ここから内容が変わりますよ”ということを読み手に直感的に伝えることができます。

わかりにくく見にくいリーフレットは読んでもらえません。
デザインを作成する際は、読み手の負担や疲労を感じさせないような配慮が必要です。

また、今回はシンプルな線ではなく、黄緑色の飾り罫線にすることによってデザインにアクセントを添えました。