鍼灸による効果を訴求して集客に繋げる鍼灸院のチラシ

鍼灸による効果を訴求して集客に繋げる鍼灸院のチラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

鍼灸による効果を訴求して集客に繋げる鍼灸院のチラシ
鍼灸による効果を訴求して集客に繋げる鍼灸院のチラシ

鍼灸院の集客チラシデザインについて

訪問鍼灸も行う鍼灸院の集客チラシを作成しました。

最近では、美容鍼や不妊治療などで鍼やお灸が取り上げられることもあり、昔よりも鍼やお灸が身近なものに感じられるようになってきました。

しかし、鍼やお灸がどんな症状に効くのか、どういった効果が期待できるのか、ということをご存じでない方もたくさんおられます。

そこで、鍼やお灸に馴染みがない方に、鍼やお灸がどんな症状に効果的なのかを伝えるチラシを作成しました。
頭痛や腰痛など、多くの方が抱える症状を挙げることにより、興味や関心を持っていただき、集客に繋げるのが狙いとなっております。

以下、鍼灸院の集客チラシについて、デザイン作成のポイントをお伝えいたします。

斜めにレイアウトした動きのあるタイトルで読み手の注目度をアップ

『こんな症状でお悩みではございませんか?』というタイトルには、斜めにレイアウトすることで動きとインパクトを出しました。

文字や画像は、大きさを変えたり配置に動きをつけたりして見た目に変化を出すと、それだけ注目度が高まります。
読み手の目線を、チラシの内容へと誘導するためのデザインのアクセントといえます。

さらに、文字自体も存在感のあるゴシック系の太字フォントを使用しておりますので、視認性・可読性もばっちりで、よく目立ちます。

また、文字の色や大きさを変えることで、短いコピーにメリハリを持たせ、強調したいワードの優先順位をつけることができます。

メリハリがないと、どこがアクセント(強調したい箇所)なのかがわかりにくくなり、訴求力が下がってしまいますので注意が必要です。

頭痛や腰痛など症状別のイラストを大きくレイアウトした目を引くデザイン

今回のチラシの一番のデザインポイントは、大きくレイアウトした可愛いイラストです。
人のイラストや顔写真などは、アイキャッチ効果も高く、人目を強く引き付けることが出来ます。

また、症状に合ったイラストを並べることで、頭痛や腰痛など、同じ症状にお悩みの方の理解と共感も深まります。

今回は、親しみのあるチラシを作成するため、可愛い絵柄のイラストを選びました。

使用するイラストの絵柄によって、全体の仕上りイメージも変わります。
そのため、ターゲットや仕上りイメージに合った絵柄のイラストを選ぶという作業は非常に大切になります。

たとえば、都心部にある鍼灸院さんで、サラリーマンや男性の方をターゲットとする場合は、シンプルでビジネスライクな絵柄のイラストを選ぶと良いでしょう。

訪問鍼灸をアピールするために『訪問』の文字を丸で囲んで目立たせる

こちらの鍼灸院様では、訪問鍼灸のサービスも同時に行っておられます。
これは鍼灸院の強みとなる部分ですので、しっかりアピールしたい部分でもあります。

そのため、『訪問鍼灸も行っております!!』の『訪問』の文字は、濃淡のあるオレンジ色で塗った丸で囲んで目立たせ、アピール力をアップさせました。
さらに、文字は白抜き文字にすることで、より訴求力を強めております。

また、訪問鍼灸のわかりやすいイメージを伝えるため、脇にイメージしたイラストを加えました。
イラストがあることでわかりやすさがアップしますし、アイキャッチとしての効果もプラスされ、注目度も上がります。