太陽光発電の長寿命蓄電システムに関するチラシを作成しました

太陽光発電の長寿命蓄電システムに関するチラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、チラシ掲載元の会社へ直接お問い合わせください。

太陽光発電用ハイブリッド蓄電システムのチラシ
太陽光発電用ハイブリッド蓄電システムのチラシ

太陽光発電用ハイブリッド蓄電システムのチラシ
太陽光発電用ハイブリッド蓄電システムのチラシ

掲載内容の紹介

電気料金を抑え災害時の安心に備える長寿命蓄電システム
太陽光発電用
ハイブリッド蓄電システム

【世界最小・最軽量クラスの蓄電池】
小型・軽量で家庭用の空気清浄機とほぼ同サイズ。重量も60kgと、従来に比べ大幅に軽量化されているため、クレーンでの搬入や基礎工事などの大掛かりな作業が不要で、設置コストの低減になります。

【太陽光で発電し余剰は売電+深夜料金の活用で節約】
経済モードの場合、太陽光発電システムの余剰電力は売電し、消費電力が発電電力を上回った場合は、料金の安い夜間に蓄電した電力を使います。

【災害時にも安心の長い稼働時間】
従来のシステムでは停電時の電力供給の際に切替を手動で行う必要がありましたが、このシステムでは自動で電力の供給を開始します。また、昼間に太陽光で発電した電気を蓄電池に蓄えるので、長時間の停電にも対応できます。フル充電の場合はテレビ・パソコン・冷蔵庫など全てを使い続けても10時間以上稼働することができます。
※実効容量5.8kWh(最大出力1.5kVA) テレビ250W、冷蔵庫100W、ノートパソコン100W、 照明60W、携帯電話充電15Wとして

■電力の計測やシステムをコントロールする
エナジーインテリジェントゲートウェイ計測・操作ユニット

■電力の状況を確認する
エナジーインテリジェントゲートウェイ専用表示ユニット

■停電時、自動で特定負荷に電気を送る
特定負荷用分電盤

■太陽光電池と蓄電池の電力を変換する
ハイブリッドパワーコンディショナ
DC/DCコンバータ

■電気を蓄える(放電する)
蓄電池ユニット

~発電も蓄電もパワコン1台ですむからコスト削減~
蓄電池用のパワーコンディショナと太陽光発電用パワーコンディショナが1台にまとまっているのでコスト削減になり、設置場所の確保も容易になります。
更に、従来のシステムでは太陽光発電システムから蓄電池に充電する場合に変換ロスが発生してしまいましたが、本システムでは直流のまま充電するため、少ないロスで充電することが可能になりました。

※本誌には主に機種のご選定に必要な内容を掲載し、ご使用上の注意事項等は掲載しておりません。ご使用上の注意事項等、ご使用の際に必要な内容につきましては、取扱説明書およびマニュアル等をお読みください。
※製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。
※本誌に記載されているアプリケーション事例は参考用ですので、ご採用に際しては機器・装置の機能や安全性をご確認の上、ご使用ください。
※本誌に記載のない条件や環境での使用、および原子力制御・航空・車両・燃焼装置・医療機器・娯楽機器・安 ないようお願いいたします。全機器、その他人命や財産に大きな影響が予測されるなど、特に安全性が要求される用途にはご使用なされないようお願いいたします。
※本製品は日本国内専用です。

◆お問い合わせ
カスタマーサービス
【受付時間】
月曜日~金曜日 / 9:00~17:00 (土日祝を除く)

太陽光発電システムのチラシデザイン

■太陽光発電

太陽光発電(たいようこうはつでん、英:Photovoltaics[注 1]、Solar photovoltaics[1]、略してPVとも)は、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式である。ソーラー発電とも呼ぶ。

Wikipedia-太陽光発電

写真やイラスト・図といった視覚情報を多く取り入れることで、読み手を飽きさせずに太陽光発電システムの特性やメリットが伝わるようなチラシを作成しました。

以下、太陽光発電システムのチラシについて、デザインのポイントをお伝えいたします。

強く訴求したいフレーズは赤色のアクセントカラーを使用して誘目性アップ

『世界最小・最軽量クラスの蓄電池』『災害時にも安心の長い稼働時間』といった強く訴求したいフレーズには、赤色のアクセントカラーを使用して誘目性をアップさせました。

アクセントカラーというのは、デザインの配色を構成する上で、使用範囲が小さく目立つ色のことを指します。
読み手の注目を集めたり、情報を強調するといった効果がございます。

赤色は活力を感じさせるアクティブなカラーであり、人の目を引きつける誘目性の高い色ですのでよく目立ちます。

設置モデル図を用いて蓄電システムの使用イメージをわかりやすく伝える

裏面は、蓄電システムの使用イメージをわかりやすく伝えるために、実際に家に設置した場合のモデル図を用いました。
チラシの反響をあげるためには、宣伝広告したい製品の使用イメージやメリットを訴求すると効果的です。

チラシを撒く際は、『店に来て欲しい』『商品を買って欲しい』『問い合わせが欲しい』といった具合に、“お客様に最終的にどうして欲しいのか”という点をはっきりさせておく必要がございます。

そして、最終行動に結びつけるためには、“使いたい”“欲しい”といった『感情』を呼び起こすことが重要です。
そのためには、先ほど述べた使用イメージやメリットがポイントとなるのです。

太陽光発電の特性にマッチした太陽と青空が印象的なメインビジュアル

太陽光発電は、その名の通り太陽の光を電力にかえる発電方式です。
当然、曇りの日よりも晴れた日の日中に発電量が多くなります。

今回は、太陽光発電の特性にマッチした太陽と青空が印象的な画像を使用し、メインビジュアルを作成しました。

製品のコンセプトに合わないデザインですと、読み手にちぐはぐな印象や違和感を与え、言いたいことが伝わらない広告になってしまいます。
言いたいことが伝わらないと、反響も期待できません。

そのため、チラシやパンフレットは、宣伝広告したい製品(商品)やサービスの特長・コンセプトに合わせてデザインを作成することが大切です。