動物病院の新規開院と内覧会開催を知らせるチラシ

動物病院の新規開院と内覧会開催を知らせるチラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

動物病院の開院と内覧会を知らせるチラシ
動物病院の開院と内覧会を知らせるチラシ

掲載内容の紹介

動物病院6月30日(木)開院

内覧会を開催いたします
7月2日(土)・3日(日)
両日 13:30~15:30

◆幅広い診療対象動物
犬、猫、兎、フェレット 等
詳しくはTELでご確認ください

◆清潔で明るく広い院内
犬猫診察室、入院室が別になっています

◆各種医療(外科、内科共に)対応
椎間板ヘルニア、骨折、腫瘍など各種疾患に対応しています

◆ゆったり広い駐車場
コンビニ跡地なので、7・8台は止められます

【院長紹介】
神奈川、東京で勤務医を経験。勤務医中より大学での研修を始め(腫瘍、呼吸器、整形外科)、現在も継続中。

[診察時間]
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日は水曜日になります。

動物病院の開院と内覧会を知らせるチラシ

今回は、動物病院の新規開院に伴う内覧会の開催を知らせるチラシを作成しました。

新規で開院する際は、内覧会などで地域の方との触れ合いの場を設け、病院のことを知っていただきましょう。
病院のことを身近に感じていただくことで、今後の集患にも反響が期待できます。

以下、動物病院の開院と内覧会を知らせるチラシについて、デザイン作成のポイントをお伝えいたします。

可愛い犬猫の写真をアイキャッチにして読み手の視線を引き付ける

チラシを読んでいただくには、まず読み手の視線を引き付けなければなりません。

人目を引くための工夫として、写真やイラスト・文字といったエレメントを大きくレイアウトして、視線を誘導するといった方法がございます。

今回は、読み手の視線を引き付けるために可愛い犬猫の写真を大きくレイアウトし、アイキャッチの役割を持たせました。
大きな写真は非常にインパクトがございますし、動物の可愛さに視線が引き付けられます。

また、動物病院の患者さんで多いのは犬と猫です。
犬猫の写真を使用することで、大多数を占める犬猫の飼い主さんに動物病院の存在を訴求することができます。

新たに動物病院が開院したことが一目でわかるデザイン

今回のチラシは、新たに動物病院が開院したことを知らせるためのものです。

そのため、開院の文字と日付はチラシ左上部の目立つ位置に大きくレイアウトし、新規開院することが一目でわかるようにデザインしました。
周りを円で囲むことで、更に読み手の視線を集める効果がございます。

開院の文字は緑色、日付はオレンジ色を使用して色分けすることで、双方の情報を際立たせました。
そして、足を運んでいただきやすいように、少し丸みのあるフォントを使用し、優しく柔らかい雰囲気を演出しております。

内覧会の情報は背景を塗りつぶし、カテゴリ分けを明確にして目立たせる

内覧会開催に関する情報は、背景をオレンジ色で四角く塗りつぶしてカテゴリ分けを明確にしました。
白い背景のチラシの中でもよく目立ちますし、独立したひとつの情報であることが直観的に理解できます。

内覧会のタイトル上には犬のイラストを添えてアイキャッチの役割を持たせました。
イラストを添えることでデザインのアクセントになる上、読み手の視線を誘導できますので、注目を集めたい情報がある際に使用すると効果的です。