まつげエクステサロンのお友達ご紹介カードを作成しました

まつげエクステサロンのお友達ご紹介カードを作成しました。
アリキヌでは、お友達ご紹介カード作成から印刷まで対応させていただきました。

まつげエクステサロンのお友達ご紹介カードデザイン(表)
まつげエクステサロンのお友達ご紹介カードデザイン(表)

まつげエクステサロンのお友達ご紹介カードデザイン(裏)
まつげエクステサロンのお友達ご紹介カードデザイン(裏)

掲載内容

お友達ご紹介カード
Invite Friend’s Card

お友達をご紹介いただきますと
ご紹介者様、お友達様共に各店舗の各コース
初回料金にてお受けいただきます。

・twitter
・公式facebook
・LINE 
◆LINEからもお友達紹介できます

【ご紹介者様】
・会員Number.
・お名前

■ご来店に際してのご注意
● ご予約の際には、ご紹介者様の会員番号とお名前をお知らせください。
● ご紹介カードはご来店の際に必ずお持ちください。
● 当店は現金のみのご利用となります。
● リペア、オフのみ、キャンペーンクーポンとのご利用、併用は出来ません。

■ご来店に際してのお願い
● 無断キャンセルにつきましては、キャンセル料3240円を頂戴いたします。
● 当日キャンセルを複数回された場合、ご予約をお取りできなくなることがあります。
● ご予約のお時間に遅れますとご希望の施術が出来ない場合があります。
● 小学生以下のお子様、男性、ペットのご来店、ご同伴はお断りしております。(ご利用可能店有り)
● ブライダルの方は1か月前のご予約をお願い致します。

■LINEご紹介のご注意
● アイコンから「おすすめ」でご紹介ください。
● ご紹介者様は、お友達様にご紹介のLINEを送信時に、必ずお名前、店舗名、会員番号を合わせてお送りくださいませ。
● お友達様はご来店時の確認までご紹介のメッセージを消さないようにお願い致します。

まつげエクステサロンのお友達紹介カードデザイン

当店ではチラシやパンフレット(リーフレット)だけでなく、メンバーズカードやショップカード、スタンプカードやポイントカードなど、各種カードの作成も承っております。
デザイン制作から印刷まで一貫してお受けいたしますので、安心してお任せください。

今回は、まつげエクステサロンのお友達ご紹介カードを作成しました。
お友達ご紹介カードは、紹介というシステムがあることを認識していただき、『紹介して欲しい』という願いをお客様に訴求するための重要なツールです。

また、紹介は集客へと繋がる確率が高く、宣伝費用もあまりかかりません。
『チラシはお金がかかるし、撒いても意味があるのかな?』と疑問や不安をお持ちの方は、紹介カードを活用してみてはいかがでしょうか。
お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

以下、まつげエクステサロンのお友達紹介カードについて、デザインのポイントをご紹介いたします。

友達を紹介すればどんな特典があるのかを明確に記載する

お客様に『友達を紹介したい』『紹介してみようかな』と思っていただくために、紹介特典を用意するのも効果的です。
特典が魅力的である程反響も期待できますので、デザインを作成する際は紹介特典を明確に記載することが大切です。

『当然でしょ?』と思われるかもしれませんが、紹介カードの中にはどこに特典が記載されているかわかりにくかったり、カードの裏側に小さく記載されているものもございます。

せっかく用意した特典も、お客様に伝わらなければ意味の無いものになってしまいます。
すぐ目につく表面に記載する、裏側でも目立つ位置に大きく記載するなど、伝え方に工夫が必要です。

お財布やカード入れで常に保有していただけるコンパクトサイズ

今回のカードは、ヨコ85mm×タテ53mmの両面カラー刷りで作成いたしました。
一般的な名刺の規格は、ヨコ91mm×タテ55mmとされていますので、名刺に比べると一回り小さいサイズ感となります。

カード入れが小さなお財布ですと、名刺サイズだと入らないケースがございます。
カードの目的は、『常に目に触れる場所に置いて、忘れずにいてもらうこと』ですので、身近に保有していただけないとカードの役割が果たせません。

口頭で伝えるだけでは、お客様はすぐに忘れてしまいます。
カードはコンパクトで保管性にも優れておりますので、情報を繰り返し訴求したい場合におすすめです。

LINE・facebook・twitterなどのSNSに誘導して集客するデザイン

紹介カードには、LINEやfacebook、twitterアカウント等を目立つように大きく掲載し、手軽にアクセスできるようQRコードを貼りつけました。
LINE・facebook・twitterなどのSNSに誘導して集客するデザイン構成となります。

紙媒体とweb媒体は、うまく融合させることで集客率のアップが期待できます。

また、SNSで登録していただくことによって常にお店の情報などを届けることが可能となり、固定客やリピーターになっていただける確率が上がります。