重工業企業の省力化機械に関するパンフレットを作成しました

重工業企業の省力化機械に関するパンフレットを作成しました。
アリキヌでは、パンフレットザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

重工業企業の省力化機械に関するパンフレット(表)
重工業企業の省力化機械に関するパンフレット(表)

重工業企業の省力化機械に関するパンフレット(裏)
重工業企業の省力化機械に関するパンフレット(裏)

掲載内容の紹介

地球と食の未来
おかげさまで60周年

◇SACLMO熱交換器
Stainless
水側の耐圧+強度設計
Cast Alminium
腐食環境
Module Design
現場で分解+洗浄、増強、交換可能モジュール

仕様:
排ガス風量 100~8000m3/h
モジュール接続により大容量+低圧力損失化が可能
排ガス温度 最大350℃
材質 アルミ(+表面処理)+SUS
構成 モジュール、パッキン、水ヘッダ
SCALMO熱交換器 アルミ+SUSモジュール

◆SCALMO熱交換器 アルミ+SUSモジュール
小ロット食品用フリーザーを開発!

インバーター冷凍機搭載!省エネフリーザー

・一体型搬入が可能、納期の短縮を実現
・ベルト速度、冷風速度の調整が可能
・当社独自の送風方式で、均一な冷却・凍結を実現

【特徴】
■床面は完全溶接、洗浄性の向上を実現しました。
■冷却器の霜付きを殆ど解消⇔長時間運転可能です。
■インバータ冷凍機を搭載、省エネを実現しました。
■オプションでCIPの追加が可能です。

【標準スペック】
■ベルト幅・・・1100mm
■凍結有効ベルト長・・・4200mm
■目安処理量・・・100~200kg/h
■送風方式・・・上下両吹き
■デフロスト方式・・・散水デフロスト
■ベルト洗浄スプレー・・・有
■ベルト洗浄性・・・優

◆エコウォーム~排熱回収ヒートポンプシステム~
温水ヒートポンプで排温水を捨てずに温水を作り出す!

・製造温水出入口温度差Δt=10℃~80℃給湯も循環も可能
・低温排熱にも対応!
・冷水製造が可能 例 入口温度15℃ 出口温度10℃
・設置のための手続き(届出)不要
・製造温水の出力温度変化なし

サイズが80%になり、能力は2倍になりました!
(当社製品比)

◆新型スプリング式ろ過システム~ばねフィルターと珪藻土(プリコート助剤)でSS(浮遊物)を除去!~
『あ!!もったいない!その水捨てるのですか?捨てないで!』

地球環境に優しく水を研く耐食ステンレス線で作られたばねフィルターがあらゆる水の浄化に役立ちます
特殊ばねフィルター(ばねとばねの間にミクロン単位の突起)を採用。

【特徴】
■繰り返し再生・高い耐久性(半永久的)
■高温・高圧・高濃度液の過酷な条件に対応
■小型で省エネルギー・省力タイプ
■メンテナンス作業が著しく簡単
■トータルコストが非常に安価
■低ろ過圧で精密高速ろ過
■フィルターが産業廃棄物にならない
■プリコート助剤使用量が少量
■処理量3~20㎥/時 標準対応

■用途
井戸水、海水、プール水、温泉、風呂水、液体調味料、薬品等のSSのろ過
大容量処理水の一次ろ過処理にも最適です。

■ろ過精度
0.1~0.5μmまで除去可能。

■珪藻土使用量
ばね式フィルター φ15×400L 1本に付き約10g(1㎡当たり約540g)

■ランニングコスト
プリコート(珪藻土)と循環ポンプの電気代のみ。

■ろ過実験の実施
実験機での現地実証試験・各種処理対象原水への適用性のためのろ過性能試験を実施。
お客様ニーズに沿った、ろ過装置ユニット並びシステム設計を行います。

■処理量
お問い合わせ下さい。標準対応は2~30㎥/hですが対応可能です。

◆世界初 ホットガスデフロストクーラー
~CO2/NH3冷凍機で、ホットガスデフロスト方式を実現!~

なぜ、ホットガスデフロスト方式なのか?

【散水式の懸念事項】
・デフロスト水オーバーフロー事故の懸念
・デフロスト水飛散・結氷の懸念
・クーラーケーシング(ドレンパン)が大きい→設置スペース増大
・デフロスト水槽の清掃が必要

【電気ヒーターデフロスト懸念事項】
・デフロスト時の室温上昇
・電気ヒーター発熱による熱負荷の増大
・電気ヒーターの劣化、断線事故の懸念(消耗品の為)
・電気ヒーターの電気容量大→受電量の増大

ホットガスデフロスト方式により懸念事項解消!
コイルの中から加温できるので、霜がコイルから落ちやすい

【+αメリット!】
冷却水温が下がる→凝縮温度が下がる→冷凍能力の向上!

省力化装置のチラシデザイン

■重工業

工業のうち、鉄鋼・車両・船舶などの比較的重量のあるものを製造する工業(自動車工業、鉄鋼業、機械工業、造船業など)を重工業という

Wikipedia-重工業

今回は、重工業企業の省力化機械に関するパンフレットを作成しました。
顧客にヒートポンプシステムなどの省力化装置を提案・案内するために営業ツールとして使用することを目的としております。

以下、パンフレットデザイン作成のポイントをご紹介いたしますのでご参考ください。

肉や野菜の写真を加えて食品用フリーザーであることをわかりやすく訴求

製造業や工業用の機械は規模が大きく、一見しただけでは何の機能を備えたマシンなのかわかりません。

今回は、食品用フリーザーには肉や野菜の写真、ろ過システムには透明度の高いキレイな水をイメージした写真を加え、それぞれのマシンの機能をわかりやすく訴求いたしました。

『文字で説明すれば良いのでは』と思われるかもしれませんが、隅々まで読まないとわからないパンフレットというのは伝わりにくく、敬遠されがちです。

文章での説明以外にも、イメージ写真やイラストを載せることでわかりやすく情報を伝える工夫が必要です。

統一感のあるレイアウトで機械の性能や特徴を分かりやすく伝える

『サーモ・ウェーブ・ダッシュ・コンパクト』や『エコウォーム』など、それぞれの機械は、名称・写真・説明文のレイアウトに統一感を持たせて、すっきりと見やすいデザインに仕上げました。
写真の大きさも、大小の違いが出過ぎないようにトリミングすると良いでしょう。

また、機械は種類ごとに四角で囲み、ある程度の余白を開けることで情報がごちゃ混ぜになってしまうのを防ぐことができます。
紙面に余白がないと窮屈で読みにくくなりますので、適度なスペースを意識してデザインを構成します。

『世界初』といった機械の価値や強みをアピール

ホットガスデフロストクーラーには、『世界初』にゴールドの装飾を加えて、機械の価値や強みをアピールしました。
文字にインパクトを持たせて装飾を加えることにより、”すごそう!”といった特別感がグッと増します。

更には、価値が高まることによって、お客様に信用・信頼感といったプラスのイメージを与えることができます。

他社に同じような機能を備えたマシンがあっても、秀でた特徴があることで購入へと繋がる場合がございます。
お客様にとってメリットを感じていただけるようなポイントはしっかりとアピールしましょう。