ペットクリニックの診察券を作成しました

ペットクリニックの診察券を作成しました。
アリキヌでは、診察券作成から印刷まで対応させていただきました。

ペットクリニックの診察券デザイン(表)
ペットクリニックの診察券デザイン(表)

ペットクリニックの診察券デザイン(裏)
ペットクリニックの診察券デザイン(裏)

掲載内容

・病院名
・ID
・Name
・Pet Name
・病院の住所
・病院のURL
・病院の電話番号
・診察時間
午前9:00~12:00
午後16:00~19:00
19:00~23:00は夜間対応あり(まずはお電話ください)
◆往診可
ペット美容室・ペットホテルも併設しております

ペットクリニックの診察券デザイン

当店ではチラシやパンフレット(リーフレット)だけでなく、診察券の作成も承っております。
デザイン制作から印刷まで一貫してお受けいたしますので、安心してお任せください。

診察券は、クリニックと患者様を繋ぐ大切なコミュニケーションツールです。
病院の魅力やコンセプトに合わせた費用対効果の高い診察券を提案させていただきます。

今回はペットクリニックの診察券をご紹介いたします。
以下、デザイン作成のポイントをご参考ください。

クリニックのイメージに合わせたデザインで患者さまの認知度アップ

診察券のデザインは病院のイメージに直結いたします。
その逆も然りで、クリニックのイメージを診察券で訴求することも可能なのです。

今回は、クリニックのカラーである緑色をベースに診察券をデザインしました。
明るい色合いと可愛いロゴによって、患者さんに親しみと安心感といった情緒的価値を伝達することができます。

色・イラスト・マークといった視覚情報は、文字よりも早く脳に届くといわれていますので、クリニックの特徴・看板・キーカラーに合わせたデザインにして統一感を持たせると良いでしょう。

クリニックと診察券に統一性を持たせることでイメージが定着し、患者さまの認知度アップに繋がります。

診療時間と電話番号が一目でわかるよう利便性を高める

診察券は、利便性(使い勝手)にも気を使う必要がございます。

患者さんにとってクリニックの重要な情報といえば、クリニックの名前・診察時間・電話番号(連絡先)です。
そのため、クリニックの電話番号はすぐ目につくように、大きな文字でレイアウトしました。
また、診察時間はわかりやすいように表形式で掲載しました。
表にすることで『診療時間・曜日・休診日』を一目で理解することができます。

クリニック側にとっても、予約の電話をかけてもらう為には、名前・診察時間・電話番号の情報をしっかりと患者さんに伝える必要がございます。

常にお財布等で保有していただけるコンパクトサイズ

診察券には、治療が終了したあとでもリピーターとして利用してもらう、病院やクリニックを忘れないでいてもらうといった役割がございます。

人間は忘れる生き物ですので、病院やクリニックを忘れずにいてもらうには、常に身近に診察券を保有していただかなければなりません。
ですので、お財布やカード入れに入れやすいサイズで作成するということは大切です。

仕上がりサイズは86mm×52mmのカードサイズです。
一般の名刺と比べると一回り小さいので、お財布等にもコンパクトに収納していただけます。