総合法律事務所のパンフレットデザインと印刷

東京都新宿区にある【ノモス総合法律事務所】のパンフレットです。
アリキヌでは、パンフレットデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

ノモス総合法律事務所
〒160-0022
東京都新宿区新宿5-13-10 上州屋ビル4階

総合法律事務のパンフレットデザイン(表)
総合法律事務のパンフレットデザイン(表)

総合法律事務のパンフレットデザイン(裏)
総合法律事務のパンフレットデザイン(裏)

コミュニケーションしたい内容

さまざまな分野を扱う総合法律事務所、【ノモス総合法律事務所】からのご案内です。

プロフィール

弁護士 狩野 信太郎
第一東京弁護士会所属

■経歴
神奈川県横浜市出身
2000年 桐蔭学園高校理数科 卒業
2004年 早稲田大学法学部 卒業
2007年 桐蔭横浜大学法科大学院 卒業
2009年 弁護士登録

■趣味
読書、ジャズ鑑賞

■座右の銘
思う念力岩をも通す

■主な取扱業務
・一般民事
(交通事故、未払い賃金、消費者被害等)
・不動産関連業務
(明渡請求、原状回復費請求等の賃貸問題、 売却、
資産運用等)
・顧問業務(法人、個人)
・任意整理、自己破産、民事再生(法人、個人)
・相続全般
(遺言書作成、遺産分割、事業承継等)

事務所案内

【ノモス総合法律事務所】
〒160-0022
東京都新宿区新宿5-13-10 上州屋ビル4階

[業務時間]
平日 午前10時~午後6時
休日 土曜・日曜・祝日

業務時間内でのご来所が難しい場合は、事前にご相談頂ければ、平日夜・休日でもご対応させて頂きます。また、病気や高齢でご来所が困難な場合やご相談の状況によっては、出張訪問致します。お気軽にお申し出下さい。

[アクセス]
最寄駅
■都営新宿線 新宿三丁目駅 徒歩7分(B2伊勢丹出口)
■大江戸線 東新宿駅 徒歩5分
■JR新宿駅 徒歩12分

※都営新宿線新宿三丁目駅から明治通りを東新宿方面に直進、新宿6丁目交差点(角に日清食品さんがあります。)を右折し、50mほど直進して下さい。

◆ごあいさつ
弊所は、平成25年2月に新宿に開設された、若い事務所です。法人及び個人の様々な法律問題を扱っておりますが、特に不動産、相続等の問題に関しては、公認会計士・税理士、司法書士、不動産鑑定士等他の士業と連携して、法務に限らず、税務等の分野に及んだワンストップサービスを提供することにより、最善の解決を目指すことを心がけております。

よくある法律相談Q&A

Q1.
会社を解雇され、失業中です。失業保険だけではマンションのローンが支払えず、このままでは自己破産やマンションを手放さなければならないのかと不安です。マンションは思い入れがあってできれば住み続けたいのですが、何か方法はないでしょうか。

A1.
住宅ローンの返済が滞ってしまうと、最終的には競売によってマンションが売却され、退去せざるを得なくなってしまいます。このような事態になる前に、対策をとることが必要です。

1 任意整理
任意整理とは、法的手続ではなく債権者との任意の話合いを行って、負債を整理する手続のことです。任意整理においても、不動産の「任意売却」を活用することにより、住宅に住み続けることができるケースがあります(セールス&リースバック等)。

2 民事再生
民事再生手続のなかで「住宅資金特別条項」を利用することにより、①住宅ローンについての支払条件の見直し、②住宅ローン以外の負債のカットといったメリットを受けつつ、住宅に住み続けることが可能です。
なお、この住宅資金特別条項を用いるためには、法律上の要件が必要になる他、確実な返済条件を組む必要があります。

3 自己破産
以上(1、2)の方法によって継続的な返済を行うことが難しい場合には、自己破産を検討することとなります。
自己破産を申立てると、基本的には、住宅及びその他の資産の大部分を手放さざるを得ませんが、その代わり、返済しきれなかった債務について返済義務を免除される点に大きなメリットがあります(ただし、「税金等」一部例外があります)。そのため、無理なく再スタートを切るためには、自己破産が適していることも多くあります。

・お金の問題はデリケートですが、第三者による客観的なアドバイスにより解決への道が開けてくることが多いです。また、早い段階でご相談いただくことで、取りうる選択肢も増えてきますので、お一人で悩まずにお気軽にご相談下さい。

Q2.
トラブルを抱えてどうしたらよいかわからず弁護士に相談したいけど、お金がかかるのではないか?生活の事情で、すぐに支払うことができない。どうしたらよいでしょうか?

A2.
弊所は初回無料相談制で、簡単なケースであれば初回のみのアドバイスで問題解決につながる場合もあります。また、弁護士費用のお支払いは分割払いのご相談にも応じます。資力要件を満たせば法テラスの利用もできますので、お困りの時は、おひとりで悩まず手遅れになる前にまずはご相談を!

料金

■法律相談料
▶初回無料相談制(約1時間)
以降、30分毎 / 5,250円(税込)

・2回目以降~
▶30分毎 / 5,250円(税込)

・正式にご依頼の場合
▶内容によって異なります。
詳細は事務所までお問い合わせください。

■顧問料
▶31,500円(税込) / 月~

法律相談のご予約は…
平日:午前10時~午後6時
休日:土曜・日曜・祝日

初回約1時間相談料無料

デザインのポイント

法律事務所(ほうりつじむしょ、英: law firm)は、通常は、1人または複数の弁護士から構成される法律事務を業として行うための事業体を指し、また、法令用語としては、「弁護士の事務所」(弁護士法第20条1項。ここでいう「弁護士」とは日本法上の弁護士を指す。)をいい、事業を行う場そのものを指す。以下、便宜のため、前者の意味では弁護士事務所の語を用い、後者の意味では法律事務所の語を用いる。

Wikipedia-法律事務所

法律事務所の中でも、さまざまな分野を扱う弁護士事務所は、総合法律事務所と呼ばれます。

事務所や業務に関することを知ってもらうためのパンフレットです。
デザインはシンプルに。
清潔感のある青を基調とした信頼を与えるカラーデザインとなっております。

また、パンフレットはお顔写真がある方が信頼感が増しますので掲載をお勧め致します。