フルート&ピアノコンサートのチラシデザインと印刷

京都府京都市にある京都・IMAマエストロ 山科サロンにて開催されるフルート&ピアノコンサートのチラシです。
アリキヌでは、チラシデザインから印刷まで対応させていただきました。

フルート&ピアノコンサートのチラシデザイン
フルート&ピアノコンサートのチラシデザイン

コミュニケーションしたい内容

第124回IMAマエストロ・サロンコンサート
シューベルトの午後~ピアノソロとフルート&ピアノ~
についてのご案内です。

開催情報

2015年2月8日(日)
13:30開場 14:00開演

京都・IMAマエストロ 山科サロン
(JR・地下鉄「山科」駅より徒歩10分 地下鉄「東野」駅より徒歩5分)

大人・・・1500円
子供・・・800円(高校生まで)

プログラム

曲目:シューベルト
・即興曲 作品142-3 D935
・楽興の時 作品94-3 D780
・3つのピアノ曲 遺作 第2番 D946
・セレナーデ D957-4
・楽に寄せて D550
・夜と夢 D827
・「しぼめる花」の主題による序奏と変奏曲D802

出演

■笠原 純子(ピアノ)
4年間学費全免を受け大阪芸術大学卒業。塚本賞受賞。国際ロータリー財団奨学生として渡欧、パリ、エコール・ノルマル、ロシア国立サンクトぺテルブルク音楽院大学院、ドイツ国立ザールランド音大大学院・国家演奏家資格課程修了。
ABC新人コンサートオーディション、ルービンシュタイン国際ピアノコンクール等多数入賞。
ヨーロッパ各地の国際音楽祭に度々出演の他、欧州各国、米国、南米、ロシア、イスラエル、日本等でのリサイタル、ザグレブ弦楽四重奏団、チェコ・フィル、ベルリン・フィル首席奏者らとの室内楽や、大阪センチュリー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク国立アカデミー交響楽団、ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団その他、国内外のオーケストラとの協演も数多い。現在、大阪芸術大学、愛知県立芸術大学講師を勤める他、IMAマエストロおよび各地にて十数年来の自らのアレクサンダーテクニック研鑽を活かした演奏指導も行い、反響を得ている。(http://musicmaestro.jp)

■ルカス・ロレンツィ(フルート)
ドイツ・フライブルク生まれ。フルートをH.トラポルト、P.ヴァイゲレ、フライブルク音大でP.ブロック教授、さらにスイス・バーゼルにて、R.レオーネ教授に師事。フルート奏者として、これまでフライブルク、マルヒブフハイム、ティティゼー・ノイシュタット市立音楽学校等で講師を務める傍ら、ソロや室内楽両分野で演奏活動も積極的に展開。著名な音楽家を多く輩出してきた家系ならではの、確かな様式感・響きに対する豊かな感性には定評がある。
アレクサンダーテクニック指導者養成学校修了(1985年STAT認定)以来、アレクサンダーテクニックの講師としても、ストラスブール・ヨーロッパ国際議事堂、ドイツ国立トロッシンゲン音楽大学にて勤務する他、E.ピヒト・アクセンフェルト教授らの音楽マスタークラスに度々講師として招かれている。現在ATC京都ディレクターをつとめ、日本各地で音楽家のためのセミナーを数多くおこない、その長年にわたる経験による貴重な指導実績は,高い評価を得ている。(http://www.alexandertechnique.ne.jp)

主催・問い合わせ・ご予約

IMAマエストロ

デザインのポイント

今回のデザインは、アリキヌが運営する

上記のサイトからご注文いただきました。

演奏曲はシューベルトということで、シューベルトをモチーフにしたテンプレートをお選びいただきました。

フランツ・ペーター・シューベルト(ドイツ語: Franz Peter Schubert[1], 1797年1月31日 – 1828年11月19日)は、オーストリアの作曲家。各分野に名曲を残したが、とりわけドイツ歌曲において功績が大きく、「歌曲の王」と呼ばれることもある。

Wikipedia-フランツ・シューベルト

石壁のような背景にシューベルトのイラストを合わせた、落ち着きと重厚感のあるシックな配色のデザインです。

テンプレートはあくまで見本となりますので、掲載内容により変更が可能です。
お写真も掲載できます。
(切り抜きの場合は別途費用がかかります。ご了承ください。)

分かり難いですが、シューベルトの位置も見本に比べると右寄りになっています。
ご希望があれば、右下に配置することも可能です。

ご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。