外壁塗装・屋根塗装会社の集客チラシを作成しました

外壁塗装・屋根塗装会社の集客チラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

外壁塗装・屋根塗装会社の集客チラシ
外壁塗装・屋根塗装会社の集客チラシ

チラシ掲載内容

中間業者を介さない
適正価格の外壁塗装

国家資格一級建築塗装技能士在籍

■外壁塗装 お値打ち
・高圧洗浄
・破風板
・軒下
・樋
・雨戸
・外壁3回塗装
・足場代込
55万円~30坪

■特別仕様 大好評!!
・高圧洗浄
・破風板
・軒下
・樋
・雨戸
・外壁3回塗装
・足場代込
・外壁1回クリアーコーティング塗装
※シリコン塗装の場合
70万円~30坪
特別仕様での施工でも他社より納得のお値段!

■屋根塗装
基本3回塗り
シリコン 2,500円/㎡~
遮熱 3,000円/㎡~

何故、他社よりお安くできるか?
答えは
下請けを使わずお見積もりから施工完了まで直で行うからこそ出来る価格!!

【仲介業者が介在している場合の費用例】
※費用内訳の一例
仲介業者A 30万円+仲介業者B 30万円+実際の施工業者 60万円=お客様への請求 総額120万円
…となってしまいます
2社3社と中間業者が介在する事例も!

中間業者を介さない当社なら
高耐久&長持ち・耐汚染
高品質塗料を使用できる!

【お客様に知ってほしい事】
□ 材料にもランクがあると言うこと!
□ 下地処理がどれだけ丁寧にできているか!
□ 塗装資格者が施工しているのか!(1級建築塗装技能士、2級)
□ インターバル(塗り重ねの時間)はきちんとしてあるか!
□ 秤できちんと材料を測って作っているか!
□ 規定量で材料を希釈しているか!
下請け業者では、このようなことが手抜きされている可能性があります

お見積り無料!! どうぞお気軽にお電話ください!!
適正価格で安心施工

外壁塗装・屋根塗装会社のチラシデザイン

外壁塗装・屋根塗装に関する集客チラシを作成しました。

赤色や黒色など、読み手が思わず目を止めてしまう強い色を使ったインパクトの強いデザインがポイントです。
また、外壁塗装や屋根塗装など、工事別にカテゴリをわけ、内容と金額がわかりやすい、信頼感のあるチラシとなっております。

当店では、安さだけを前面に押し出すだけでなく、『お客様が安心して任せられる』ということを大切にしております。
外壁塗装や屋根塗装のチラシをご検討中の方は、ぜひ一度お問い合わせください。

以下、外壁塗装・屋根塗装会社のチラシについて、デザインのポイントをお伝えいたします。

アピールしたいメニューには『大好評!!』等のマークをつけて目を引く

外壁塗装と、特別仕様の工事メニューには、それぞれ『お値打ち』『大好評!!』のマークを付けました。

マークを付けることで、お客様の目線はマークをつけた箇所に誘導され、「『お値打ち』『大好評!!』なら検討してみようかな」という気持ちになります。
お客様の目線を上手く誘導して心を掴むことで、利益率の高い作業や会社側が売りたいサービスをアピールすることができます。

また、『お値打ち』『大好評!!』のマークは、少し斜めにレイアウトすることで、デザインに動きをプラスしました。
動きや変化を感じるデザインというのは、人目を引きやすい要素です。

デザインのアクセントにもなりますので、強調したい箇所に少し動きをつけてみるのも良いでしょう。
ただ、あまり動きを付けすぎてしまいますと、かえって見にくくなってしまいますので注意が必要です。

『適正価格』の文字は誘目性が高い赤色の枠で囲んで訴求力アップ

『適正価格』の文字は、誘目性が高くて良く目立つ赤色の枠で囲んで訴求を力アップさせました。
単に文字を並べただけの時よりも、四角の枠で囲むことでよく目立つようになります。

また、目を引く力が強い色を誘目性が高いといいます。
『適正価格』文字に使用した黄色も誘目性が高い色です。

赤色と黄色といえば、標識やスーパーなどのプライスカードでよく見かける色の組み合わせです。
赤色や黄色は注意を促す色でもありますので、人の目を強く引き付ける効果が高いのです。

今回はこの誘目性の性質を利用し、『適正価格』のワードを強調しました。
読み手の注意をパッと引き付けることができるだけでなく、適正価格であることを訴求することにより、お客様の関心や安心感を持たせることができます。

料金を目立たせるために数字と単位の大きさに差をつけてメリハリを出す

料金を目立たせるために、数字と単位の大きさに差をつけてメリハリを出しました。

集客チラシやキャンペーンを打ったチラシなどでは、『○○○○円!』『○○名様限定!』『○月○日まで!』など、数字を強調させたい箇所が多くあるかと思います。

数字というのは、説得力を持たせるための重要な要素です。
そのため、数字の見せ方を工夫して特別感やメリットを強調させると効果的です。

具体的な方法としましては、『円』『名』『日』といった数字の単位を小さく表示することです。
数字に対して、単位をひと回り、もしくはひと回り以上小さくすることで、数字がぐっと際立ちます。

また、お得さを訴求したい時は、赤色や黄色など暖色系のよく目立つ色を使用すると良いでしょう。
枠をつけたり、影をつけたりすると、より一層数字を強調することができます。