そろばん教室の無料体験レッスンをPRした生徒募集チラシ

そろばん教室の無料体験レッスンをPRした生徒募集チラシを作成しましたのでご紹介いたします。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

そろばん教室の生徒募集チラシ

チラシ掲載内容

年長さんからはじめる
そろばん教室
生徒募集

~無料体験実習中~
体験後入会された方へ
1500円分の文房具をプレゼント
体験のお申込はお電話で

◇KIDS
専用のテキスト・パズル・チップ・『計数そろばん』など具体物を操作しながら数観念を無理なく身につけていきます。

◇アバカス
珠算テキストで式の意味や式の表し方を学び、同時に単元別の(図形・時計・小数・分数・計算のきまり・割合等々)算数テキストで学年やお子さまに合わせた内容を学習します。

【授業日】
火曜日 ・ 金曜日

【授業時間】
KIDS 午後 3:20~午後 4:00
1部 午後 4:00~午後 5:00
2部 午後 5:00~午後 6:00

そろばん教室の生徒募集チラシデザイン

今回は、小さなお子様に向けたそろばん教室の生徒募集チラシを作成しました。
小さなお子様が対象ということは、チラシのターゲットはお父さんやお母さん、保護者の方となります。

そのため、そろばんの楽しさを視覚に訴え、教室の特徴をわかりやすく紹介し、興味や関心を持っていただけるようデザインを仕上げました。

また、ホームページがある場合は、紙面にURLやQRコードを掲載してHPに誘導することが出来ますので、web媒体と紙媒体を上手く連動して活用すると効果的です。

以下、そろばん教室の生徒募集チラシについて、デザインのポイントを詳しくお伝えいたしますのでご参考ください。

『そろばん教室』の文字を配置を躍らせて動きを出し、楽しいイメージを演出

保護者の方に『子供が楽しく通えそう!』と思っていただける。
そこがデザインのポイントです。

楽しさというのは、『楽しいですよ!』と文字で説明するよりも、視覚に訴えるような表現をした方が効果的です。
そのため、紙面はピンク・黄・オレンジ・黄緑など、明るくポップな色をチョイスし、男の子と女の子の可愛いイラスト、親しみを感じる丸文字を使用してそろばんの楽しさを表現いたしました。

そして、さらに『そろばん教室』の文字を躍らせて動きを出すことで、より楽しいイメージを演出しております。
全体的にリズム感も生まれますので、面白さや楽しさといったイメージを訴求するとともに、インパクトも加わります。

デザインに動きやインパクトが出ることで、読み手の視線をキャッチしやすくなります。

数多くあるチラシの中から、手に取って見ていただくには、思わず見てしまうようなインパクトがある要素も大事なポイントとなります。

無料体験に関する情報は、目立つように円で囲んで紙面の中央にレイアウト

今回、アピールしたい無料体験に関する情報は、目立つように円で囲んで紙面の中央に大きくレイアウトしました。
真ん中に大きく載せることで、読み手の視線がおのずと中央に誘導されます。

そして、『無料体験実施中』の見出しは、目立つようにざわと円からはみ出させました。
円の中にキレイに収まるよりも、文字を目立たせることができます。

チラシの訴求力を上げるためには、目立たせたい情報は目立つ位置にレイアウトするのがポイントです。

『目立たせたい情報は目立つ位置に置くのは当たり前でしょ?』と思われるかもしれませんが、あれこれ情報を詰め込んでいくと、『どこに何を載せればいいのか』といったことがわからなくなってしまうケースが多々あるのです。

そのため、業者やプロにチラシ作成を依頼する際は、掲載内容に優先順位をつけておくと良いでしょう。

アピールしたい『年長さん』の箇所はプレートやイラストで装飾して読者の目を引く

今回のそろばん教室の生徒募集は、主に小さなお子様を対象としておられます。
そのため、アピールポイントである『年長さんからはじめる』のフレーズは、読者の目を引き付けるためにプレートやイラストで装飾しました。

単に文字を置くよりも、テキストの背景を塗りつぶしにしたり、アクセントとしてイラストなどの装飾を加えることで効果的に注目度を上げることができます。
ですので、特にアピールしたい箇所や、訴求したい情報がある場合など、非常に有効です。

ただ、目立たせたいからといって、あまり過度に装飾をしてしまうと美しくない上、ごちゃごちゃした印象を与えてしまう恐れがございますので注意が必要です。
基本は、見やすくわかりやすいデザインであることが大切です。