外壁・屋根塗装工事の際に撒くご近所へのごあいさつチラシ

外壁・屋根塗装工事の際に撒くご近所へのごあいさつチラシをご紹介いたします。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

外壁・屋根塗装工事のあいさつチラシ
外壁・屋根塗装工事のあいさつチラシ

チラシ掲載内容紹介

ご迷惑をお掛けしております

ただいま近隣のお宅で外壁・屋根塗装の工事をしております

作業や資材の運搬にはご近所様のご迷惑にならないよう作業しておりますが
何かございましたらお気軽にお問合せください

◆築10年のお住いは外壁・屋根塗装のタイミングです!
◆中間業者を挟まない施工業者直接依頼
契約されたお客様にはお花か網戸の張り替えをプレゼントします!!

低予算でグレードの高い塗料を!
一級塗装技能士が多数在籍
外壁塗装のプロ集団

お見積りは無料です!お気軽にお電話ください

詳しくは当社フリーダイヤルまでお気軽にお電話下さい。

自社の宣伝を兼ねた屋根・塗装工事のご挨拶チラシ

屋根や外壁塗装工事で気を付けなければならないのが、ご近所トラブル。
工事の騒音やホコリ、塗料のニオイなど、知らず知らずのうちに、周辺の方へのご迷惑になっているケースがございます。

ご近所さんからのクレームやトラブルを避けるためにも、近隣住民の方へ事前のご挨拶が大切です。

今回は、自社の宣伝を兼ねた屋根・塗装工事のご挨拶チラシをご紹介いたします。
自社の宣伝を兼ねることで、工事に関するお詫びだけでなく、自社のPRを同時に訴求することが出来ます。

また、「ご近所さんが頼んだ業者さんなら安心だし、ウチもお願いしようかな」といった経緯で注文に繋がるかもしれません。

以下、自社の宣伝を兼ねた屋根・塗装工事のご挨拶チラシについて、デザイン作成のポイントをお伝えいたします。

作業員をイメージした可愛いイラストを交えてチラシに親しみを演出

今回は、作業員をイメージした可愛いイラストを交えてチラシに親しみを演出いたしました。

近隣に配布するだけの塗装工事の案内チラシなら、必要事項だけが書いてあれば良いというイメージを持たれる方も多いかもしれません。
たとえば、町内の回覧板や、町の掲示板に貼ってあるチラシは、内容だけが書かれたシンプルなものが多いですものね。

確かに、言いたいことがわかりやすく伝わるというのがチラシの大前提です。
どんなにデザイン性に優れたチラシでも、ターゲットに言いたいことが伝わらなければ効果が落ちてしまいます。

しかし、あまりに簡素なデザインですと、読み手の興味や関心を引く力もグッと落ちてしまいます。

やはり、見ていて楽しさや親しみが感じられる方が、読み手の食いつきも良くなります。

イラストは、簡単に楽しさや面白さをプラスすることのできる要素です。
紙面に一つイラストを加えるだけで、全体の印象がガラっとかわります。

その際、全体のバランスを見ながら、マッチする絵柄のイラストを選ぶことがポイントです。

訴求したい『外壁』『屋根塗装』のキーワードはアンダーラインで強調!

文字を強調させたい時は、文字の大きさや色を変える、文字を囲むなど、様々な方法がございます。
今回は、文字を大きく・太くすることに加えて、アンダーライン(下線)を引くことで、訴求したい『外壁』『屋根塗装』のキーワードを強調しました。

さらに、アンダーラインの色は誘目性の高い赤色を使用しておりますので、よく目立たせることができます。
『外壁』『屋根塗装』を目立たせることで、『外壁・塗装に関するチラシなんだな』ということがよくわかりますね。

また、アンダーラインを引く際は、行間に注意が必要です。
なぜなら、文字間隔が狭い時は、ラインを引くと文字が見にくくなってしまうケースが発生してしまうからです。

そんな時は、強調したいワードに被せるようにラインを引くと、他の文字の邪魔になりません。
文字そのものに線を引くか、文字の下に線を引くか、デザイン全体を考慮して調整すると良いでしょう。

カラフルな青で塗りつぶした背景の上に白文字をのせて目を引くデザインに

白背景のチラシは、シンプルでわかりやすいですが、少しデザイン性に欠ける場合もございます。
そんな時は、背景を塗りつぶすことで、目を引くポイントを作ることができます。

今回は、タイトル部分や塗装屋さんの情報に関する部分の背景をカラフルな青で塗りつぶし、白色の文字をのせました。
単色背景に白文字でデザインすることを白抜きといいます。

背景と文字は、コントラストの強い色を組み合わせることで、インパクトのある目を引くデザインに仕上げることができます。

白抜きという言葉通り、文字は白色で配色するのが一般的ですが、使用する色は、全体のバランスを見て決めます。
ただ、青×赤のように強烈な色を組み合わせてしまうと、目がチカチカして見にくいですし、ベージュ×白など似たような色を組み合わせてしまうと目立ちませんので注意が必要です。