ストレスチェック勉強会に関するセミナー集客チラシ

ストレスチェック勉強会に関するセミナー集客チラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

ストレスチェックに関する人事部勉強会のセミナーチラシ

掲載内容

人事部勉強会・交流会のご案内
ストレスチェック
集団分析結果をどう活かすか

ストレス状況の改善
働きやすい職場の実現
生産性向上
を目指して

ストレスチェック制度が2年目に入りました。厚生労働省の指針では「ストレスチェック制度が、メンタルヘルス不調の未然防止だけでなく、従業員のストレス状況の改善及び働きやすい職場の実現を通じて生産性の向上にもつながるものであることに留意し、事業経営の一環として、積極的に本制度の活用を進めていくことが望ましい」とされていますが、具体的な取組み方法及び内容については試行錯誤が続いています。
皆さまのご参加をお待ちしております。

【日程】平成29年 7月14日(金)14:00~19:00
【定員】60名
【会費】12,960円 / お一人様
(消費税込み 事前振込制 / 申込み受領後に請求書をお送りします)
※本金額は勉強会と交流会のセット料金です。勉強会のみの参加の場合も同一料金となります。

【第1部】基調講演
「働き方改革の最前線、人事部の役割とは」

【第2部】企業の実践事例紹介(3社予定)
受講者の皆さまとの意見交換も合わせて行います。

【交流会】お食事(立食:ビュッフェスタイル)をしながら、皆さまと名刺交換・情報交換できる場をご用意致しました。

■申込書
【セミナー申込書の個人情報の取り扱い】
当社は、収集した個人情報を以下の利用目的以外には使用しません
1.当セミナーの実施運営のため 2.当社開催のセミナーなどのご案内
個人情報の提供は任意です。但し、ご提供いただけない場合、当セミナーへの申込受付が行えないことがあります。
当社の個人情報保護方針はホームページをご参照願います。

セミナーのチラシデザインについて

人事部勉強会・交流会の集客チラシをご紹介いたします。
セミナーのチラシは、広告を見た人が『何に関するセミナーなのか』が一目でわかるよう作成するのがポイントです。
そして、日時や場所といった重要な情報をわかりやすく案内しましょう。

以下、セミナーのチラシについてデザインのポイントをお伝えいたします。

タイトルは力強さのあるゴシック体に枠と影をつけて存在感をアップ

『ストレスチェック』のタイトルは、力強さのあるゴシック体に枠と影をつけて存在感をアップさせました。
さらに、タイトルは、文字を大きくしてジャンプ率を高めておりますので、広告を見た時にパッと目につきます。

タイトルは、パッと見て『何に関する広告なのか』を伝えるためのチラシの顔ともいえる要素です。
タイトルのデザイン表現は、枠をつける、影をつける、背景にベタを重ねる、白抜き文字にする、線で囲むなど、様々な手法がございます。

どういった表現にするかは、レイアウトや全体の雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。

セミナーの目的はボタンデザインパーツを組み合わせて目立たせる

『ストレス状況の改善』『働きやすい職場の実現』『生産性向上』といったセミナーの目的は、背景にボタンデザインパーツを組み合わせることで目立たせました。

人の目を引きたい時・注意を向けたい時・アピールしたい時など、デザインのアクセントとして飾りパーツを使用すると効果的です。

ただ、飾りパーツの色やデザインは、全体のバランスを壊さないように選ぶことがポイントです。
今回はセミナーの広告ですので、シンプルなボタン型のパーツを選び、明度や彩度を抑えた色で配色しております。

さらに、テキストは緑・オレンジ・ピンクと、それぞれのボタンと同じ色に合わせることで統一感を持たせました。

セミナーのイメージ画像を目立つ位置にレイアウトしてアイキャッチ

セミナーのイメージ画像を目立つ位置にレイアウトして、アイキャッチ効果を持たせました。
今回のようにタイトルの横にイメージ画像を持ってくると、文字と画像が組み合わさって訴求力がさらにアップします。

紙面の中で、下の方はあまり目立ちませんが、上部や中央などはよく目につく場所です。

そのため、アピールしたい情報は、紙面の中でも上の方に大きくレイアウトするのがポイントです。
また、効果的にアピールするためには、情報に優先順位をつけておくことが大切です。

写真やイラストというのは、人の目を引くアイキャッチ効果も高いですし、『楽しい』『美味しい』といったイメージを訴求したい時は、文字であれこれと説明するよりも写真やイラストといった視覚情報が役立ちます。