粗大ゴミ・不用品回収業者の集客チラシを制作しました

粗大ゴミ・不用品回収業者の集客チラシを制作しました
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

粗大ゴミや不用品回収業者のチラシデザイン(表)
粗大ゴミや不用品回収業者のチラシデザイン(表)

塗装屋さんの集客チラシデザイン(裏)
塗装屋さんの集客チラシデザイン(裏)

掲載内容

粗大ごみ・家電・家具・リサイクル品…
丸ごとお片付け!!

見積無料
お気軽にご相談ください!

家具や粗大ごみなど
様々なごみが散乱したお部屋でも…
すぐに丸ごとスッキリお片付け!!

ご予算や作業内容が気になる方は、お気軽にお電話ください!!

■ご家庭のゴミから倉庫や納屋の不用品処分まで
・家電製品
・使わない遊び道具
・食器・什器
・家具・寝具
・古い自転車
・健康器具
回収・処分致します!!

~このようなお悩みございませんか?~
・使わない家電製品が多数ある
・昔は大勢で住んでいたが、独立、就職、進学、結婚等で家族が減ってしまい不要な家具などが多数ある。
・入院や老人ホーム・ケアセンター入居の前に、自宅の不用品を処分したい。
・信頼できる許可業者に依頼したい
・高齢・病気・怪我・身体的障害などの理由で、家の中の不用な物を自分では廃棄、処分できない。

お見積やご不明な点など、どうぞお気軽にご相談ください!!
対応エリア回収品目等はお電話でご相談ください
(一部回収出来ないものもございます)

粗大ゴミ・不用品回収業者のチラシデザインについて

粗大ゴミ・不良品回収業者のお部屋の片付けに関するチラシを制作しました。
1つの業者さんで様々なサービスを展開されている場合は、反響の見込めるものに絞って広告されると良いでしょう。

優先順位をつけずにアレコレ載せてしまうと、逆に何が言いたい広告なのかがわからなくなってしまいますので注意が必要です。

以下、粗大ゴミ・不用品回収業者のチラシについて、デザインのポイントを詳しくお伝えいたします。

『丸ごとお片付け』は存在感の大きいゴシック体を大きく配置してインパクトを出す

広告の中で一番の訴求ポイントである『丸ごとお片付け!!』のタイトルは、存在感の大きいゴシック系の太文字を大きくレイアウトしてインパクトを出しました。

さらに、人の注意を引く誘目性の高い赤色を使用し、影をつけて立体感を出しておりますので、一段とよく目立ちます。

片付けや掃除というのは、とても面倒でしんどい作業です。
『丸ごとお片付け』ということを訴求することで、『丸ごと片付けてもらえるなら楽ちんだし、頼もうかな』という気持ちを喚起することが期待できます。

片付けサービスを利用したくなるようなスッキリ爽快感のあるデザイン

人は、視覚的な要素に感情を揺さぶられる傾向がございます。
そのため、デザインには、虹がかかった青空や葉が茂る緑の画像を使用して、片付けサービスによって得られるスッキリ感・爽快感を青空や緑で表現いたしました。

『片付けサービスを利用することで、すっきりと清々しい気分になれる』というメリットをイメージ画像によって無意識下に訴求しているのです。
サービスを利用していただくためには、お客様に何かしらのメリットを感じていただくことがポイントです。

また、明るいデザインは、見る人の気持ちも前向きにする効果がございます。
汚部屋掃除や不用品回収というのは、なんとなく暗いイメージを持たれることもございますので、好意的な印象を持っていただくためにも、明るくポジティブな印象を与えるデザインが良いでしょう。

家電製品はテレビや冷蔵庫のイラストを用いて具体的アイテムのイメージを訴求

裏面に記載した家電製品回収についての案内は、テレビや冷蔵庫のイラストを用いて具体的アイテムのイメージを訴求しました。

たとえば、「使わない家電製品」と掲載しただけでは、『使わない家電製品・・・何かあったかなぁ』とイメージがぼんやりしてしまいます。

しかし、冷蔵庫・テレビ・アイロンなど、具体的な例を挙げることで、チラシを見た人に『そういえば使ってないアイロンがあったなぁ』とパッとイメージさせることができます。

また、イラストや写真などの視覚情報は直感的に理解しやすいため、具体的なイメージを伝えたい時に効果的です。

イメージを伝える時は、具体的であればあるほど相手に伝わりやすくなります。
広告の反響をあげるためには、どれだけ言いたいことをわかりやすく伝えることができるかという点が大切です。