訪問鍼灸・機能訓練マッサージの三つ折りパンフレット

訪問鍼灸・機能訓練マッサージの三つ折りパンフレットを作成しました。
アリキヌでは、パンフレットデザインから印刷まで対応させていただきました。

ご興味を持たれた方は、ぜひ掲載元の訪問鍼灸マッサージへお問合せください。

訪問機能訓練マッサージの三つ折りパンフレット
訪問機能訓練マッサージの三つ折りパンフレット

訪問機能訓練マッサージの三つ折りパンフレット
訪問機能訓練マッサージの三つ折りパンフレット

パンフレット掲載内容

ご自宅・施設で
機能訓練・マッサージ・はり・きゅう
健康保険適用

無料体験受付中
お気軽にお電話ください

「外出をしたい…」
「自力でトイレにいきたい…」

自立した生活を送るためのお手伝い
訪問機能訓練マッサージ はりきゅう
国家資格を持った者がお伺いします

■ご利用費用(マッサージ)
一回あたり
209円~554円(一割負担の場合)
※障がい者手帳(1・2級)、 生活保護受給者は助成があります。

はり・きゅうにも健康保険が使えます
※神経痛・リウマチ・五十肩・腰痛症・頚腕症候群・頸椎捻挫後遺症

■施術時間
30分~40分程度
介護保険と併用できます
介護保険範囲を気にせず受けられます。

■訪問エリア
あきる野市・福生市・羽村市・日の出町全域
青梅市・八王子市一部地域
※詳しくはお気軽にお問い合わせください。

無料体験受付中
訪問機能訓練マッサージ
定休日 日曜日

■特徴
・機能訓練が充実
定期的にリハビリ講習会に出席。

・施術時間が充実
全身ケアを基本としています。

・バイタルチェック
毎回チェックを行い、その日の体調に合わせ、安心して施術が受けられます。

【このような方々の為に】
・筋肉にマヒがある方
・関節拘縮がある方
で歩行困難・寝たきり状態の方々を対象。

【このような方々に喜んでいただいています】
・歩行困難
・寝たきり
・機能回復
・痛み・マヒ・しびれ

■こんな効果があります
・機能訓練
筋力低下を防ぎ、立ち上がりを楽に。
転倒予防。
ご家族からの要望が多いです。

■マッサージ・はり・きゅう
痛み・むくみ・しびれをやわらげ血流を促進。
関節の動きを良くします。

■精神的ケア
コミュニケーションを図り精神的ケア・認知予防に期待ができます。

~ご利用方法~
1.カウンセリング
・お身体の状態、日常生活の困り事をお聞きします。
・ご希望の曜日・日時を お聞きします。

2.無料体験マッサージ
・どんなマッサージをするか体験していただきます。

3.手続き
・医師に同意書を書いていただきます。
※必要書類はこちらで用意します。

4.施術開始
・ご利用者様・ご家族のご希望に合わせ、施術をいたします。

訪問鍼灸マッサージのパンフレットデザインについて

今回は、利用者様のご自宅や施設に伺って鍼灸などの施術をおこなう、訪問訪問鍼灸マッサージのパンフレットを作成しました。

黄色・ピンク・黄緑で配色した明るく優しさを感じるデザインに仕上げました。
可愛らしいイラストを用いて親しみやすさを出している点もポイントです。

以下、訪問鍼灸マッサージのパンフレットについてデザイン作成時に気をつけた点をお伝えいたします。

余白スペースを多めにとった年配の方にも見やすいデザイン

パンフレットは、前面余白スペースを多めにとり、年配の方にも見やすいようデザインを構成しました。
文字も見やすく、区切りもはっきりしているため、情報の混乱を防ぐことができます。

紙面いっぱいに文字が詰め込まれている、隙間がないといったごちゃごちゃしたデザインは非常に見にくく読みづらい印象を与えます。

たまに、『ゴチャゴチャとしてどこに何が書いてあるのかわからない』『どこからどう読み進めればいいのかわからない』というチラシやパンフレットを見かけますが、一瞬で読む気がなくなってしまいます。

読み手にストレスを与えないということもデザインを作成する上で非常に大事なポイントです。

特にターゲットが年配の方の場合は特に注意が必要です。

ご利用方法は誘目性の高い矢印パーツをつけて目線の流れをスムーズに誘導

ご利用方法は、読み手の目線の流れをスムーズに誘導できるように、矢印マークをつけました。

矢印は、人の目をひきつる性質(誘目性)が強い図形です。
そのため、矢印パーツは視線の流れをコントロールしたい際に非常に効果的です。

見やすく読みやすいパンフレットを作るためには、読み手の目線をスムーズに誘導できているデザインであることも大切なポイントです。

人の目をひきつる性質(誘目性)が強い図形には、矢印の他にも、吹き出しパーツや爆弾パーツなどがございます。

こうしたパーツを訴求したい箇所に使用することで、意図的に読み手の注意を引き付けることが可能となります。

お悩み症状のイメージイラストは枠で囲んで強調し、読み手の目をひく

読み手の目をひくために、訴求したい文字や画像を線で囲んで目立たせるという方法がございます。

中面に掲載した【このような方々に喜んでいただいています】というカテゴリは、歩行困難や寝たきりなど、お悩み症状のイメージイラストをそれぞれ線で囲みました。

白い背景にイラストを単に並べただけでは存在感がなく、スルーされてしまいそうですよね。
しかし、丸で囲むことでひとつひとつがしっかりと強調されます。
囲み線があるのと無いのとでは、目立ち方に大きな差が生まれるのです。

また、要素を線で囲むことで、カテゴリの境界をはっきりさせることができるという効果もございます。

パッと見ただけで内容の違いを認識することができますので、非常にわかりやすい印象を与えることができます。