内科・胃腸内科・肛門外科医院の新規開院チラシ

内科・胃腸内科・肛門外科医院の新規開院チラシを制作しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、掲載元の内科・胃腸内科・肛門外科医院へお問い合わせください。

掲載内容

内科OPEN
2017年2/1(水)開院

・内科
高血圧・高脂血症
小児(1歳以上)のご相談

・胃腸内科
鼻からの胃カメラ

・肛門外科
痔のご相談

胃カメラが楽なクリニック

【内覧会開催】
2017年
1/28(土)・29(日)
10:00~16:00

個別無料健康相談
内覧会では初診予約もお受けいたしております

■胃カメラ
■胃腸の悩み
■痔
■癌検診・癌治療
■禁煙外来
など
施設内見学もできますので、お気軽にお越しください

先着200名様に
オリジナルエコバックをご用意しています

◆院長あいさつ
内科・胃腸内科・肛門外科を開業させていただくことになりました。
胃カメラが楽なクリニックとして、鼻からの胃カメラ検査を取り入れました。
一般の内科はもちろんのこと、「胃腸のお悩み」「痔のご相談」1歳以上の小児のご相談もお受けします。
地域の皆様に「親しまれる医院」を目標に努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【診療時間】
8:30~12:00
14:00~17:30
・木曜、日曜休診
・駐車場12台完備

医院の新規開院チラシデザインについて

今回は、内科・胃腸内科・肛門外科医院の新規開院チラシを作成しました。

『胃カメラが検査が楽に受けられる』という医院の特徴をわかりやすく伝え、白と基調とした清潔感のあるデザインに仕上げております。

以下、医院の新規開院チラシについて、デザイン作成時のポイントをお伝えいたします。

医院の売りである『胃カメラ』『楽』の文字は色と大きさを変えて強調

こちらの内科・胃腸内科・肛門外科医院様は、鼻からの胃カメラ検査を採用したことにより、胃カメラ検査が楽におこなえるということが売りです。

そのため、『胃カメラ』『楽』というキーワードは、文字を大きくした上、色を緑色と赤色に変えて目立たせました。

文字を大きさだけでなく、文字の色も変えることで訴求力がグッとアップしますので、チラシをパッと見た時にすぐ目につきます。

また、今回のように背景に写真がある場合は、文字の視認性が低くなって見にくくなってしまう場合がございます。
そんな時は、文字に枠を付けて袋文字にすると見やすくなります。

広告を作成する際は、患者様にとってメリットとなるような医院の売りや特徴は目立つようにアピールしましょう。

開院日情報はチラシの上部に配置し、円で囲んで目立たせる

医院が新規開院を知らせるための告知チラシは、『いつ開院するのか』という情報が重要です。
そのため、開院日の情報はチラシの上部に配置し、円で囲んで目立たせました。

その際、円はピンク寄りの赤色、文字は黄色で配色しております。
赤色と黄色の組み合わせは、人の目を引く力(誘目性)が高いので、情報を目立たせたい時に用いると効果的です。

また、『2017年 2/1 水 開院』の文字は、優先順位をつけるために大きさに差をつけております。
一番大きな『2/1』の文字が、一番優先度の高い情報となります。

情報の優先順位を考慮して文字の大きさや色をデザインすることで、『何が言いたいのか』『どこを強調させたいのか』ということを読み手にわかりやすく訴求することができます。

『内科』などの診療科目は白抜き文字にしてインパクトを出す

診療科目は、一目でわかりやすいように、文字を白抜きにしてインパクトを出しました。
背景は暗めの茶色ですので、白い文字がよく目立ちます。

インパクトがあって目立つことにより、パッと目が向きますので、『内科・胃腸内科・肛門外科があるんだな』ということを読み手に強く訴求することができます。

白抜き文字でデザインする際は、文字の色と背景の色の組み合わせに注意が必要です。
たとえば、白色文字に薄いベージュ色の背景を組み合わせてしまうと、同化して見にくくなってしまいます。

組み合わせる色は、明度が低い色など、濃くはっきりとした色合いが効果的です。