個別指導塾が生徒募集で反響を得るためのチラシ

個別指導塾が生徒募集で反響を得るためのチラシを制作しました。
アリキヌでは、デザイン制作から印刷まで対応させていただきました。

ご興味をもたれた方は、是非掲載元の個別指導塾へお問い合わせください。

個別指導塾の生徒募集チラシ
個別指導塾の生徒募集チラシ

記載内容

個別指導の受験対策!
1:1または1:2の個別指導
だからデキる!

難関志望校に合格する個別指導

・公募推薦対策
・AO入試対策
・TOEIC対策対策
・英検対策

小学生の生徒多数
私立受験

理科・社会→映像授業 理解が難しい問題も映像で学習
算数→タブレット学習テンポよく効率的に勉強できる

■定期テスト対策もスゴイ!
担当者が問題を徹底分析
予習授業+理社対策+自主学習
定期テスト対策授業

出題傾向を徹底分析だから成績が上がる!

お任せ下さい!
教育大付属中学
名門私立校
受験徹底指導

個別指導塾
受付時間:14:00~21:00
苦手分野をしっかり分析します。まずはお気軽に無料体験授業にご参加ください

■ジュニア英会話
無料体験レッスン受付中!
生徒同時募集中(2歳~社会人)

個別指導塾の生徒募集チラシのデザイン

個別指導塾の生徒募集チラシを作成しました。
キーポイントなる文字を大きく配置したインパクトのあるデザインです。
そして、多くの情報を詰め込み過ぎず、シンプルに仕上げることで訴求力を高めてました。

以下、個別指導塾の生徒募集チラシについて、デザイン作成のポイントをお伝えいたします。

塾の売りである『個別指導』はチラシの中で一番大きく目立たせる

今回の個別指導塾の一番の売りは、1対1や1対2の個別で勉強の指導できることです。
そのため、『個別指導』の文字は、チラシの中で目立つように一番大きくレイアウトいたしました。

文字の大きさを決める際は、『どこを一番訴求したいか』という点を考慮してレイアウトを考えなければなりません。
情報の優先順位をつけるのです。

情報に優先順位を設けずあれもこれも目立たせていたのでは、結局何が言いたいチラシなのかということがわからなくなってしまうのです。
何が言いたいかわからないチラシは手に取ってもらえませんので注意が必要です。

『1:1』『1:2』の背景には黄色の半円を配置して読み手の注意を引く

数字は存在感が強いため、文字の中にあっても目立ちます。
たとえば、ダイエットに関するの広告には『-5kg』など、具体的な数字がでかでかとアピールされていますよね。
数字を用いて表現することで、読み手の注意をぐっと引くことができるのです。

今回は、個別指導を『1:1』『1:2』とわかりやすく数字で表現し、読み手の注意を引きました。
黄色の半円を背景に配置することによって、さらに注目度を上げています。

掲載文字は力強さを感じるゴシック体で統一して信用・信頼感を訴求

今回は、紙面の文字を全てゴシック体でデザインしました。
ゴシック体は、堅実さや力強さといったイメージを訴求することができます。
書体によって与えるイメージは異なりますので、広告のイメージやコンセプトに合った文字を使用することでグッと訴求力が高まります。

そして、文字の色は主張を強めたりプロ意識(威厳など)を表現したい時に効果的な黒色で配色しました。
黒色は色の中でも重量感がございますので、使用面積を大きくすることで存在感も増します。

学習塾のチラシは、主に親御さん(特にお母さん)がターゲットとなります。
そのため、いかに説得力があり『これなら子供を任せられる』といった信用・信頼を得ることができるかということが反響へのポイントとなります。